Androidスマホのカメラを拡大鏡・虫眼鏡として使うアプリ

スポンサーリンク
カメラ アプリ

スマートフォンに搭載されているカメラは一定のズームしかできない場合が多いですが、アプリを使うと拡大率を上げることができるので、いわゆる拡大鏡・虫眼鏡(ルーペ)として使うことができます。お店のメニューや伝票、瓶のラベルなど「字が小さくて読めない」と言う場合などに便利でしょう。

iPhoneでも同様のことが可能です。
スポンサーリンク

カメラのズームと拡大

スマートフォンに搭載されているカメラは、一般的なデジタルカメラと同様に “人物” や “風景” などを撮影するのを主の目的とされているでしょう。

対象物に近づいて大きく撮影する接写をすることもできますが、アプリの機能によっては限界が生じます。そのため、専用のアプリを使うことでカメラを拡大鏡・虫眼鏡のように使うことができます。

アプリはGoogle Playなどに数多く掲載されていますが、今回は “拡大鏡 + フラッシュライト” アプリをダウンロード&インストールして使ってみました。

拡大鏡 + フラッシュライトアプリの使いかた

初期設定

  1. アプリより表示された内容を確認し問題が無ければ『スタート』をタップします。

    Androidアプリ→拡大鏡 + フラッシュライト (虫メガネ)

  2. ダイアログより表示された内容を確認し問題が無ければ『アクセスを許可する』をタップして許可します。

    Androidアプリ→拡大鏡 + フラッシュライト (虫メガネ)

拡大する手順

  1. アプリより『下から上』へスワイプします。
    反対に縮小する場合には『上から下』へスワイプします。

    Androidアプリ→拡大鏡 + フラッシュライト (虫メガネ)

拡大するやり方は以上です。

対象物に近づきすぎた場合などに、画面が暗くなるようであれば明るさを変更することもできます。

明るくする手順

  1. アプリより『左から右』へスワイプします。
    反対に暗くする場合には『右から左』へスワイプします。

    Androidアプリ→拡大鏡 + フラッシュライト (虫メガネ)

拡大鏡 + フラッシュライトアプリの使いかたは以上です。

出先などで突然に必要になった場合に、使えるようにしておくと便利かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました