Androidスマホで電話を掛ける際に確認画面を出すアプリ

スポンサーリンク
スマートフォンの操作 アプリ

Androidスマートフォンでは、連絡先アプリ(またはダイヤルアプリ)から「電話番号をタップする」だけで電話を掛けることができてしまいます。確認画面が表示されないため、誤って画面に触れてしまうだけでも発信されてしまうので「確認画面を出すアプリ」の導入をオススメします。

スポンサーリンク

タップするだけで発信される

Androidスマートフォンから電話をかける場合、プリインストール(プレインストール)されているダイヤルアプリや連絡先アプリを使うのが一般的です。

しかし、これらのアプリは電話番号をタップするだけで確認画面などが表示されることなく「電話をかける」ことができてしまうため、何らかの拍子に意図せず画面に触れてしまうと誤って電話をかけてしまうことが考えられます。

このため、電話の発信時に確認画面を出すことのできるアプリ “誤発信防止” のダウンロード&インストールがオススメです。

誤発信防止アプリの使いかた

このアプリはインストールしただけでは機能せず、初期設定が必要となるので注意してください。

初期設定の手順

  1. アプリより『このアプリを有効化』をオンにします。
    タップすることでオン/オフが切り替わります。

    Androidアプリ→誤発信防止

  2. 必要な権限とサービスより『フローティング表示』『通話転送』『ユーザー補助』をオンにします。

    Androidアプリ→誤発信防止

初期設定のやり方は以上です。

その他の設定は好みに合わせて任意に設定します。

確認画面を操作する手順

  1. 連絡先アプリやダイヤルアプリから電話番号をタップします。

    Androidアプリ→連絡帳

  2. 誤発信防止” アプリが割り込み確認画面が表示されるので、内容を確認し問題が無ければ『受話器のアイコン』をスワイプすると電話を掛けることができます。
    キャンセルするには『ナビゲーションバーの “戻る” ボタン』を操作します。

    Androidアプリ→誤発信防止

確認画面を操作するやり方は以上です。

このようなアプリをダウロード&インストールせずとも確認画面を表示してくれる機種もありますが、それはメーカーやキャリアが独自に表示している機能なので別の機種へ機種変更した際には注意したほうが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました