Androidスマホでバッテリー残量の割合を%で表示する方法

スポンサーリンク
バッテリー(電池) 設定

Xperiaシリーズなど、デフォルトで表示されている機種も多い「バッテリーの割合(パーセント)表示」ですが、表示されていない機種でも設定変えることで表示させることができます。

スポンサーリンク

Android 6.0の新機能

Androidスマートフォンのバッテーリー残量の割合を%(パーセント)で表示する機能は、Android 6.0 Marshmallowから追加されました。

Xperiaシリーズなどでは以前より “%” で表示されているので意外に思う人も多いですが、メーカーによってカスタマイズされていないスマートフォンに機種変更した際、バッテリーアイコンしか表示されておらず「どうやって表示させるのか?」と疑問に思う人も多く居るでしょう。

メーカーによって独自にカスタマイズされている場合もありますが、多くの機種で設定より変更できるようになっています。

シリーズごとの設定手順

ZenFoneシリーズやAQUOSシリーズではメーカー独自の設定項目が用意されています。

ZenFoneシリーズ

  1. 設定より『電池』をタップします。
    参考 スマートフォンの “設定” 画面を表示させる方法

    ZenFone 3→設定

  2. 電池より『三点リーダー(3つの点)』をタップします。

    ZenFone 3→設定→バッテリー

  3. 表示されたメニューより『電池残量をパーセントで表示』にチェックを付けます。

    ZenFone 3→設定→バッテリー

  4. 非表示にする場合にはチェックを外します。

AQUOSシリーズ

  1. 設定より『省エネ&バッテリー』をタップします。

    AQUOS sense plus→設定

  2. 省エネ&バッテリーより『電池』をタップします。

    AQUOS sense plus→設定→省エネ&バッテリー

  3. 電池より『電池残量』をオンにします。

    AQUOS sense plus→設定→省エネ&バッテリー→電池

    非表示にする場合にはオフにします。

その他の設定手順

メーカーによるカスタマイズが無い機種では “システムUI調整ツール” より設定を変更することができます。
参考 Androidスマホの『システムUI調整ツール』を表示させる方法
  1. システムUI調整ツールより『ステータスバー』をタップします。

    AQUOS sense plus→設定→システムUI調整ツール

  2. システムUI調整ツールの “ステータスバー” より『電池』をタップします。

    AQUOS sense plus→設定→システムUI調整ツール→ステータスバー

  3. 表示されたメニューより『常に割合を表示』を選択します。

    AQUOS sense plus→設定→システムUI調整ツール→ステータスバー

    『変更時に割合を表示(標準)』を選択すると “バッテリーアイコン” のみが表示され、『このアイコンを表示しない』を選択すると “バッテリーアイコン” も非表示になります。

バッテリーに “%” を追加するやり方は以上です。

割合の “%” は目安であるため、例えば「1時間で10%減少した」からと言って「残り9時間」とは言えません。利用状況によって使用時間は異なるので注意してください。