スマホ版YouTubeの “画質” と “データ通信量” を調節する方法

スポンサーリンク
スマートフォン アプリ

スマートフォンのモバイルデータ通信でYouTubeを視聴していると「なんか画質が悪いな」と思うことがあったり「YouTubeを見すぎて制限が掛かった」などとデータ通信量が気になることもありますが、設定によって画質を調節できるのでデータ通信量と相談して適切に設定するようにしましょう。

スポンサーリンク

画質は自動調整

YouTubeでは、通信に使用されている回線の通信速度に応じて動画の画質が自動調節されるようになっています。そのため、スピードの遅い回線では「画質の悪い動画が再生される」、スピードの速い回線では「画質の良い動画が再生される」ということになります。しかし、画質の良さに比例してデータ通信量も多くなるので「YouTubeを見すぎて制限が掛かった」と言ったことにもなりかねません。

そのため、「もう少し高画質で見たい!」や「データ通信量を節約したい」と言った場合には手動で画質を設定できるようになっています。

設定できる画質

スマホ版YouTubeにて設定できる画質は、多くの場合で『144p』『240p』『360p』『480p』『720p』となっています。画質は「数字が大きければ大きいほど高画質」と言う事になり720pはいわゆる “HD動画” となります。また、画質が高くなればなるほどデータ通信量も増えることになるので「データ通信量を抑えたい(節約したい)」と言う場合には、小さな数字を選択するべきでしょう。

選択できる画質は動画によって異なる場合があります。
より高画質に設定する場合、環境によってはスムーズな視聴ができない場合があるので注意してください。

画質を変更する手順

スマートフォンで視聴する場合、データ通信量が大きくなりがちな “HD動画” をモバイルデータ通信に限り再生されないように制限することができます。その為、「データ通信量を節約したい」と言う場合には制限をオンにしておく方が良いでしょう。逆に「モバイルデータ通信でもHD画質で動画を視聴したい」と言う場合には制限をオフ(解除)する必要があるので、どちらにしても設定の確認をオススメします。

HD画質の取り扱いを設定する

  1. YouTubeより『三点リーダー(3つの点)』をタップします。

    YouTubeアプリ

  2. 表示されたメニューより『設定』をタップします。

    YouTubeアプリ→メニュー

  3. 設定より『全般』をタップします。

    YouTubeアプリ→設定

  4. 設定の “全般” より『モバイルデータの上限設定』のオン/オフを切り替えます。

    YouTubeアプリ→設定

    画像のように “オン” にすると、Wi-Fi接続時のみHD画質で再生されるようになります。

手動で画質を変更する

  1. 動画視聴中に画面をタップすると表示される『三点リーダー(3つの点)』をタップします。

    YouTubeアプリ→動画→コントロール

  2. 表示されたメニューより『画質』をタップします。

    YouTubeアプリ→動画→コントロール→メニュー

  3. 表示された一覧より『画質』を選択します。

    YouTubeアプリ→動画→コントロール→画質

    前述したように数字が多きほど “高画質” となります。データ通信量を “節約” したい場合には小さい数字を選択します。
    画質の選択後、既に読み込み済みのデータが再生されることがあるので、しばらくの間は画質が変わらない場合があります。

YouTubeアプリにおいて手動で画質を変更するやり方は以上です。

「どの画質が適切か?」と言うのは、スマートフォンのスペックや視聴者の感性によって異なるので一概には言えません。特に通信速度が遅い場合には「動画の再生が止まる」と言ったこともあるため、必ずしも指定した画質で動画が再生できるわけではありません。そのため、様々な設定を試してみてバランスの良い画質を探してみてください。