2019年の夏モデル『Xperia 1』が発表!

Xperia 1 機種情報

2019年02月25日(月)に行われたMWC 2019(Mobile World Congress 2019)のプレスカンファレンスにて、2019年の夏モデルとなりうるXperia 1が発表されました。

この記事は海外のSIMフリー版です。日本国内での発売に際して一部の仕様が変更となる場合があります。

ラインナップ

2018年まではXperia XZシリーズであったため “Xperia XZ4” として発表されるであろうとされてきましたが、名称が一新されXperia 1となりました。

基本スペック

Xperia 1
OS Android 9 Pie
画面サイズ 6.5 インチ
種類 有機EL
解像度 4K
(1644×3840)
アスペクト比 21:9
SoC Snapdragon 855
RAM 6GB
内部ストレージ
背面カメラ 1200万画素 x 3
(望遠・広角)
前面カメラ 800万画素
非接触IC NFC
生体認証 指紋センサー
(側面)
Bluetooth 5.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
(2.4G + 5GHz)
本体カラー Black
Purple
White
Grey
本体サイズ 167 x 72 x 8.2mm
バッテリー 3330 mAh
充電 USB PD
(USB Power Delivery)
SIMサイズ nanoSIM
(Single SIM)
(Dual SIM)
USB USB Type-C
(USB 3.1)
防水・防塵 IP65/68
その他

デザイン

Xperia XZ3のような大きく湾曲したデザインをやめ、従来の比較的にフラットに近いデザインに戻っています。また、背面に位置していた “指紋センサー” も側面に戻っています。

縦長ディスプレイ

液晶ディスプレイのアスペクト比が21:9と縦長のディスプレイとなりました。2018年に発売されたスマートフォンの多くは18:9と言う縦長ディスプレイを搭載している機種が多かったですが、それよりも縦長となっています。

指紋認証センサー

Xperiaシリーズでは、もともと側面にあった指紋センサーを背面に移動させたことがありましたが、これを元に戻し従来通りの側面に位置するようになりました。

非接触IC

Apple PayやAndroid Payが日本国内ではFeliCaを使用していることから、グローバルモデルの時点でFeliCaに対応する期待がありますが、残念ながらNFCのみとなっています。

トリプルカメラ

2018年は2つのレンズが搭載されたデュアルカメラどまりだったXperiaシリーズですが、2019年に登場する機種では特徴の違うレンズを3つ搭載しトリプルカメラとなっています。

USB Type-Cの映像出力

一部のAndroidスマートフォンではUSBを使った映像出力に対応していますが、Xperiaシリーズでは過去の機種で対応実績があるものの、昨今の比較的に新しい機種では非対応となっていました。

しかし、Xperia 1ではUSB Type-Cを使った映像出力に対応するようです。まだ、詳細は分かりませんが外部ディスプレイ(モニターやテレビなど)に接続して、撮影した写真や動画を視聴することができるようになるかもしれません。

対応バンド

band ドコモ au
(UQモバイル)
ソフトバンク
(Y! mobile)
Xperia 1
1 (2.0G)
3 (1.7G)
8 (900M)
11 (1.5G)
18 (800M)
19 (800M)
21 (1.5G)
26 (800M) ●※1
28 (700M)
42 (3.5G) 〇※2

※●は特に重要なメインのバンドやプラチナバンド
※1:MFBIにてband 18を内包
※2:UQは利用不可

参考 スマホが対応するバンドを確認する方法

技適マークは?

これまでのXperia XZシリーズでは、NTTドコモを始めauやソフトバンクなどの国内キャリアから販売される機種の海外モデルに、技適マークが無いことが多いので過度な期待はできないでしょう。また、過去に「発表では確認できたが発売された機種では確認できない」と言ったことがあったので発売されるまでは要注意です。

参考 技適とは?スマホでマークを確認する方法

発売日と価格

発売は2019年の夏以降をされ、価格は発表されていませんが10万円は超えるのではないかと言われています。

感想

前作のXperia XZ3では、湾曲ディスプレイや背面の指紋認証センサーなど残念なポイントが多かったですが、今回はそれらが改善され個人的に好みな機種になりました。

また、カラーバリエーションも過去に人気の高かったPurple(パープル)が追加され、今回も高い人気を誇るのではないでしょうか。

昨年と違いコンパクトモデルが発表されないのは残念ですが、色々と従来通りに戻っている部分があるので、コンパクトモデルも2019-2020冬春に期待できるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました