Androidスマホからしか使えないWi-Fiスポットをパソコンなどで使う方法

スポンサーリンク
Androidスマートフォン Android

NTTドコモを始めauやソフトバンクなどが提供している “Wi-Fiスポット” の中には、契約しているスマートフォンしか接続できないものがありますが、Wi-Fi接続したスマートフォンを “Bluetoothテザリング” や “USBテザリング” することで、パソコン等から接続することができる場合があります。

スポンサーリンク

テザリングの組み合わせ

テザリングと言えば「スマートフォンの “Wi-Fi” をアクセスポイントとし “モバイルネットワーク” を共有する」のが一般的です。

しかし、Wi-Fiの代わりにBluetoothUSBを使ってテザリングすることもでき、空いたWi-Fiを別のアクセスポイントでインターネットへ接続するとWi-Fiを共有することができます。

キャリアなどが提供する “Wi-Fiスポット” の中には、契約しているSIMカードが入ったデバイス(スマートフォンなど)しか接続できない場合もありますが、Wi-Fiを共有することで、SIMカードが入っていないパソコンをはじめ、対象外のスマートフォンやWi-Fi専用のタブレットなどで使うことができます。

Wi-Fiを共有する手順

  1. スマートフォンより対象のWi-Fiスポットへ接続します。

    Xperia XZ1 Compact→設定→Wi-Fi→接続

  2. インターネットへ接続したいデバイスをBluetoothテザリングUSBテザリングにて接続します。

    SO-02K→Bluetoothテザリング→接続

  3. インターネットへ接続できます。

    Xperia XZ1 Compact→Chrome→dメニュー

Wi-Fiを共有するやり方は以上です。

全てのWi-Fiスポットで使えるとは限らないので注意してください。

参考 『Wi-Fiテザリング』と『bluetoothテザリング』の違いは何なのか?

タイトルとURLをコピーしました