Wear OSなスマートウォッチで心拍数を自動的に測定する方法

Wear OS by Googleを搭載したスマートウォッチでは、一部の機種で “心拍センサー” による心拍数の測定を行うことができ、都度の測定はもちろんバックグラウンドで自動的に測定することも可能です。

スポンサーリンク

心拍数を測るには?

これまでにも「心拍数を測れる」と言うデバイス(機器)は販売されてきましたが、センサーをベルトで胴体に巻き付けるなど大掛かりな場合が多かったです。

しかし、腕時計の裏側(肌に触れる部分)に心拍センサーを搭載し、腕に巻き付けておくだけで心拍数の測定を行えるタイプが増えてきました。スポーツウォッチの類に多かった機能ですが、Wear OS by Googleを搭載したスマートウォッチでも採用している機種が増えています。

また、Wear OS by Googleでは、ユーザーの操作による “都度” の測定のほかに、設定によってバックグラウンドで自動的に一定間隔の測定をすることもできるようになっています。

ただし、測定できる心拍数は正確でない場合もあるため、参考程度にとどめておくほうが良いでしょう。

バックグラウンドでの心拍数モニタリングを有効にする手順

  1. アプリ一覧より『Google Fit』をタップします。
    アプリ一覧の出し方は機種によって異なる場合がありますが、多くの場合で『電源ボタン』を押下することで表示されます。

    Wear OS→アプリ一覧

  2. Google Fitより下から上へスワイプし『設定』をタップします。
    場合によっては途中に “バックグラウンドでの心拍数モニタリングを有効にしますか?” と表示されている場合もあります。

    Wear OS→Google Fitアプリ

  3. 設定より『心拍数(バックグラウンド)』をタップします。

    Wear OS→Google Fit→設定

  4. 心拍数(バックグラウンド)よりONにします。
    画像はオフの状態で、タップすることでオン/オフを切り替えることができます。

    Wear OS→Google Fit→設定

バックグラウンドでの心拍数モニタリングを有効にするやり方は以上です。

測定された心拍数はスマートウォッチのGoogle Fitアプリから確認することができますが、連携したスマートフォンから “Google Fit” アプリを使って履歴をグラフで確認することができます。

心拍数の履歴を確認する手順

  1. Google Fitアプリより『心拍数』をタップします。

    Androidアプリ→Google Fit

  2. 心拍数を “日” や “週” を始め “月” や “年” などの間隔でグラフを確認することができます。

    Androidアプリ→Google Fit→心拍数

心拍数の履歴を確認するやり方は以上です。

バックグラウンドでの心拍数モニタリングを有効にすると、バッテリーの消費が激しくなるので注意してください。

参考 Wear OS by Googleなスマートウオッチの Fossil Sport を買った

タイトルとURLをコピーしました