Wear OSなスマートウォッチでGoogle Fitを使う方法

スマートウォッチを使う大きなメリットの1つが、ランニングやフィットネスなどに使えるスポーツウォッチとして機能するところです。Wear OS by GoogleではGoogle Fitアプリを使って “GPS(位置情報サービス)” や “心拍数” など用いたトラッキングすることができます。

スポンサーリンク

スマートウォッチでGoogle Fit

「運動を記録して健康的な生活を」をコンセプトに、日々の運動量を記録・管理するアプリです。

スマートフォンにアプリをダウンロード&インストールしても使うことができますが、昨今のスマートウォッチでは “心拍センサー” などスマートフォンには無いセンサーが搭載されていることが多いので、スマートウォッチを使って計測したほうが詳細なデータの取得が期待できます。

Wear OS by GoogleにはGoogle Fitがプリインストール(プレインストール)されており、なおかつ最適化されているので日々の記録に関しては特に操作する必要なく勝手に記録されますが、ランニングやフィットネスなどのエクササイズを行う場合には別途に操作を行ったほうが詳細な記録が取得できます。

エクササイズを記録する手順

  1. ウォッチフェイスを右から左にスワイプし『人型アイコン』をタップします。

    Wear OS→Google Fit→エクササイズ

  2. エクササイズを開始より『(対象のエクササイズ)』を選択します。
    今回は例として『ランニング』を選択しました。

    Wear OS→Google Fit→エクササイズ

  3. 準備ができたら『(対象のエクササイズ)を開始』をタップします。
    ランニングのようにGPS(位置情報サービス)などを使ったトラッキングをしたい場合には、位置が測位できるまで少し待ったほうが良いでしょう。

    Wear OS→Google Fit→エクササイズ

  4. 対象のエクササイズを開始します。
    停止する場合には上から下にスワイプすることでボタンが表示されます。

    Wear OS→Google Fit→エクササイズ

エクササイズを記録するやり方は以上です。

Wear OS by Googleを搭載したスマートウォッチは単体でも動作するようになっているので、連携(ペアリング)したスマートフォンを一緒に持ち歩く必要は無く、単体で取得されたデータは次にスマートフォンと接続した際に送られるようになっています。

スマートフォンに送られたデータは、Google Fitアプリを使って確認することができます。

エクササイズの記録を確認する手順

  1. Google Fitアプリより『前回のエクササイズ』をタップします。

    Androidアプリ→Google Fit

  2. エクササイズの内容を確認することができます。

    Androidアプリ→Google Fit→前回のエクササイズ→ランニング

エクササイズの記録を確認するやり方は以上です。

記録の内容はスマートウォッチ本体に搭載されている各センサーによって異なるので注意してください。

参考 Wear OS by Googleなスマートウオッチの Fossil Sport を買った

タイトルとURLをコピーしました