AndroidスマホをUSB接続のWi-Fi子機として使う方法

スポンサーリンク
Androidスマートフォン Android

Androidスマートフォンでは “Wi-Fi” と “USBテザリング” を組み合わせて使うと、Androidスマートフォンが接続しているWi-FiにパソコンなどをUSB経由で接続することができます。

スポンサーリンク

テザリングの誤解

一般的に「テザリング」と言うと “モバイルネットワーク” のデータ通信を、他デバイスから “Wi-Fi” を経由して接続すると思われがちです。

しかし、他デバイスとの接続に用いれるのは “Wi-Fi” だけでなく、BluetoothUSB接続も可能であり、接続できるネットワークは “モバイルネットワーク” だけでなく、Wi-Fiもあります。

テザリングは、これらを組み合わせて使うことができるため「Wi-FiをUSBでテザリングする(共有する)」と言ったことも可能になり、USB接続のWi-Fi子機(Wi-Fiアダプター)として使うことができます。

BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U2-433DMS 11ac 433+150Mbps USB2.0 ビームフォーミング機能搭載
BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U2-433DMS
Amazon
Yahoo!

USBテザリングを設定する手順

USBデバッグが有効になっていると、「通信できない」などのトラブルが発生する場合があるので、オフにしておくと良いでしょう。
  1. Androidスマートフォンと対象デバイス(パソコンなど)を “USBケーブル” で接続します。

    Anker PowerLine+ USB-C & USB-A 3.0 ケーブル (0.9m グレー) Galaxy S8 / S8+、MacBook、Xperia XZ対応
    Anker PowerLine+ USB-C & USB-A 3.0 ケーブル
  2. 設定より『ネットワークとインターネット』をタップします。

    Androidスマートフォン→設定

  3. ネットワークとインターネットより『アクセスポイントとテザリング』をタップします。

    Android 10→設定→ネットワークとインターネット

  4. アクセスポイントとテザリングより『USBテザリング』のオン/オフを切り替えます。

    Android 9 Pie→設定→ネットワークとインターネット→アクセスポイントとテザリング

USBテザリングを設定するやり方は以上です。

Wi-Fiを共有する場合は「Wi-Fiをオン」にし、モバイルネットワークを共有するには「Wi-Fiをオフ」にします。また、USBケーブルが無い場合はBluetoothテザリングでも同様のことが可能です。

参考 スマホからしか使えないWi-Fiスポットをパソコンなどで使う方法

タイトルとURLをコピーしました