AndroidスマホからのTweetDeckを使いやすくする方法

スポンサーリンク
青い鳥 アプリ

Webブラウザから利用するTwitterクライアント “TweetDeck” はスマートフォンからでも利用することが可能ですが、パソコンやタブレットなど大画面デバイスに最適化されているのか使いにくさがあります。そこで、スマートフォンからでも使いやすく変化させる方法が提供されています。

スポンサーリンク

TweetDeckとTJDeck

TweetDeckとは、Twitterが提供する公式クライアントの1つで、Webブラウザからアクセスして使用するWebアプリケーションです。パソコンなどの大画面デバイスからアクセスするのに適しており、複数のカラム(列)を追加して一度に閲覧することができます。

AndroidスマートフォンなどからTwitterにアクセスるにはTwitterクライアントアプリを使うのが一般的ですが、TwitterがWeb APIの規約を変更したことでTwitterクライアントアプリの開発が難しくなっており、公式アプリを仕方なく使っている人も多いでしょう。

そんな中でTweetDeckに注目が集まっていますが、前述したようにパソコンなどの大画面で見ることに最適化されているため、スマートフォンなどの小さな画面では使いにくいのが現状です。そこで、Webアプリケーションと言う特徴を生かし「JavaScriptを使って使いやすくする」と言うTJDeckが開発されました。

このTJDeckは、アプリとしても提供されているので、アプリをダウンロード&インストールするだけでTweetDeckをアプリ化して使いやすくしてくれます。

TJDeckの使いかた

ダウンロード&インストール

  1. Webブラウザより『GitHub – TJDeck: TweetDeck用ブラウザ for Android』にアクセスします。

    AQUOS sense plus→Chromeアプリ

  2. GitHub – TJDeckの “Releases” より『(最新バージョン)』をタップします。

    Web→GitHub - totoraj930/TJDeck: TweetDeck用ブラウザ for Android

  3. 最新バージョンの “Assets” より『app-release.apk』をダウンロードします。

    GitHub - totoraj930/TJDeck: TweetDeck用ブラウザ for Android

  4. ダウンロードしたapkファイルを “パッケージインストーラー” を使ってインストールします。

    AQUOS sense plus→ファイラー→apkインストールAQUOS sense plus→ファイラー→apkインストール

    デフォルトではエラーが発生してインストールできない場合があるので注意してください。
    参考 Androidアプリのapkファイルを直接インストールする方法

ダウンロード&インストールのやり方は以上です。

ログイン

  1. ダウンロード&インストールしたアプリ “TJDeck” を起動しログインします。

    Web→Twitterモバイル→ログイン

  2. TweetDeckがスマートフォンの画面に最適化されて表示されます。

    AQUOS sense plus→TJDeckアプリ

TJDeckの使いかたは以上です。

TweetDeckをJavaScriptによってUI(表示)を変化させアプリ化しているので、操作や仕様などはTweetDeckと同様に行うことができます。面白い仕組みなので、アプリ化されていなかったり使い勝手が悪い他のWebサービスにも応用できそうです。

参考 Webサイトをインストールソフトのように開く方法