AndroidスマホのWi-Fiテザリングが勝手にオフになるのは何故なのか?

スポンサーリンク
カフェ Android

外出中にパソコンなどをインターネットへ接続しようとWi-Fiテザリングをオンにしたところ、数秒で「勝手にオフになった」と言う現象が発生することがあります。これは、Wi-Fiの自動接続アプリが原因の1つとして挙げられます。

スポンサーリンク

Wi-Fi接続でWi-Fiテザリングがオフになる

Wi-Fiテザリングを使用中には、本体のWi-Fiはオフとなり使用できない状態になります。これは本体の「Wi-Fiをアクセスポイント化」して動作させているからです。Wi-Fiテザリングがオンの状態でWi-Fiをオンにすると、Wi-Fiテザリングは停止し本体が別のWi-Fiアクセスポイントを使ってインターネットへ接続することになります。

街中のWi-Fiスポットなどでは「Wi-Fiをオンにし自動的に接続する」と言う機能を持ったアプリが提供されていることがあり、これがインストールされていると、Wi-Fiテザリング使用中であっても勝手にWi-Fiをオンにしてしまい、Wi-Fiテザリングがオフになってしまうことがあります。

このため、Wi-Fiテザリングを使いたい時には、自動接続アプリの機能をオフにする必要があります。

Bluetoothテザリングを使うと両方を同時に使用できる場合があります。

Wi-Fiテザリングが使用不可になっている

ドコモスマートフォンなどキャリアが販売する一部の古いスマートフォンでは、キャリアが提供するネットワーク(SPモードなど)以外に接続しているとWi-Fiテザリングが使用できないようになっている場合があります。

このため、格安SIM(MVNOなど)を使用しているとWi-Fiテザリングをオンにした段階でエラーが発生し「オンにできない」ことがあります。

ただし、昨今の比較的に新しい機種では解放され格安SIMでもエラーが発生することなくオンにできますし、そうでなくともWi-Fiテザリングを使えるようにすることもできます。

タイトルとURLをコピーしました