スマホがどんどん大きくなっていますが、小さいスマホは過去のものですか?

スポンサーリンク
ドロイド君 機種情報

スマートフォンの画面サイズは今や5インチが当たり前になりつつあります。しかし、その昔には小さいスマートフォンが盛んに販売されていた時代があったんです。

スポンサーリンク

小さい端末はソニーエリクソンの得意技

その昔、まだスマートフォンなどと言うものが日本になかった時代にはソニーエリクソンが小さな小さな携帯電話を販売していました。

docomo Sony Ericson SO902i
Sony
ちなみに、このDocomo FOMA SO902iはFOMA端末なので、SIMを刺せば2015年9月現在でも使用することができます。

Xperiaにも受け継がれた

この小さな端末は一時期Xperiaにも受け継がれていました。

Xperia SX SO-05D

Xperia GXと同時に販売された小型スマートフォンです。のちにXperia AXが発売され3兄弟と言われていました。

Xperia SX SO-05D docomo
ソニーモバイルコミュニケーションズ

Xperia Active

日本未発売で海外でのみ販売された端末です。Activeの名の通りスポーツなどのシーンで使うことを想定されており今では当たり前になりましたが、防水機能を搭載したXperiaの先駆けです。
日本で使用できなくはありませんが、プラスエリアに対応していないなど(対応させるためには改造が必要)の難点があるためオススメはしません。

Sony Ericsson Xperia Active Smartphone ST17i
Sony

音声通話SIM用の端末に最適

これらの端末を現役で使用するとなると、さすがにスペック的に厳しいものがあります。しかし、MVNOの音声通話用に使うとなればベストなサイズとだと思います。
そのため、音声用に小型スマートフォン、データ通信用にスマートフォン(もしくはタブレットやファブレット)などを使用すると非常にスマートでないかと思います。
小型でスペック的に厳しいとは言えスマートフォンですので、メールなどの送受信は難なく使うことができます。

私も2年縛りのとければMVNOで音声通話SIMを使う予定ですが、2台持ちの構成は辞めるつもりはありません。やはり2台持ちは1台に比べて非常にメリットが大きく電話やメールは小さな端末で、インターネットは大きな端末でと言うのがベストだと私は思います。
私自身は音声通話用にBlackBerryを使う予定ですが、小型スマートフォンは今後販売されることはないでしょうから今のうちに使っておくのもいい思い出になるかもしれません。

参考 私がガラケー&スマートフォンを2台持ちにする理由
参考 スマホに重要な『プラチナバンド』ってなに?
参考 ファブレットで人気の Xperia Z Ultra は mineo で使うのがベストです
参考 BlackBerry Q10を買ってみましたので徐々にレビューしていこうと思います

タイトルとURLをコピーしました