[GX] SO-04Dに Euphoria-OS 1.1 を導入する【要root化】

スポンサーリンク
スマートフォン カスタマイズ

Xperia GX SO-04DはBootloader unLockができない機種なのでカスタムROMを導入するのは難しいですが、比較的簡単に導入できるファイルが提供されているので、それをつかって Euphoria-OS 1.1 をインストールしてみます。

スポンサーリンク

Euphoria-OS とは?

「Euphoria-OS」はAOSPをベースにしたカスタムROMです。CyanogenModやSlimLP、Paranoidなど他のカスタムROMの機能を色々と移植しているようです。Androidバージョンは Android 5.1.1 Lollipop です。

CyanogenMod 12については「SO-04DにCyanogenMod 12.1を導入する」を参照してください。

「AOSP」とは“Android Open Source Project”の事で、端末メーカーがカスタマイズしていない標準的なAndroidです。

SO-04DのAndroid4.3化

Euphoria-OS 1.1 をインストールするためにはXperia GX SO-04DをAndroid 4.3 Jelly Beanまでアップデートする必要がありますが、SO-04DはAndroid 4.1.2 Jelly Beanまでしかアップデートされなかったので、グローバル版であるXperia TX LT29i化することで対応します。

詳細は「SO-04DをLT29i化してAndroid 4.3 Jelly Beanにアップデートする」を参照してください。

Euphoria-OS 1.1 を導入する方法

前提条件

  • Android 4.3 Jelly Bean以上であること
  • root化されていること
  • カスタムリカバリ(CWMなど)がインストールされていること

必要なファイル

Euphoria-OS

その他

  • CWM6-cDM_v2.5_vfix2_MultiRecovery.zip

    CWM6-cDM_v2.5_vfix2_MultiRecovery」からダウンロードできます。

  • XT-lockeddualrecovery2.8.21-RELEASE.flashable.zip

    [NUT]’s XDA download page“から”XZDualRecovery”→”XZDualRecovery 2.8.21″とたどるとダウンロードできます。

    “2.8.21”はバージョンによって異なります。特に理由がなければ最新版を使用して問題ないでしょう。
  • GApps

    GAppsはPlayストアをはじめとしたGoogle系アプリのパッケージで、様々なパッケージが用意されてます。どのパッケージを使用するかは好みですが、今回は「The Open GApps Project」より“open_gapps-arm-5.1-pico-20151124.zip”をダウンロードしました。

    “pico”は最小構成のパッケージで必要なアプリはGoogle Playからダウンロード&インストールする必要があります。
  • UPDATE-SuperSU-v2.46.zip【任意】

    SuperSU Download」からダウンロードできます。

導入手順

CM12.1の導入手順と同じなのでファイルを読み替えて「SO-04DにCyanogenMod 12.1を導入する#導入手順」を参照してください。

Euphoria-OS 1.1のパフォーマンス

Xperia GX SO-04DへカスタムROMをインストール後にベンチマークを取ってみました。詳細は「SO-04Dに導入したカスタムROMのベンチマークをまとめるよ」を参照してください。

まとめ

Euphoria-OS 1.1はパフォーマンスは並みと言ったところですが、ちらほらとバグと思われるようなところが散見されたので常用はまだ難しいかもしれません。