[GX] SO-04DにCyanogenMod 12.1を導入する【要root化】

スポンサーリンク
スマートフォン カスタマイズ

Xperia GX SO-04DはBootloader unLockができない機種なのでCyanogenModのようなカスタムROMを導入するのは難しいですが、比較的簡単に導入できるファイルが提供されているので、それをつかってCyanogenMod 12.1(CM12.1)をインストールしてみます。

スポンサーリンク

CyanogenModとは?

古くからあるカスタムROMで、幅広い端末をサポートしOTA機能も搭載されているすぐれものです。CyanogenModをベースにしたカスタムROMがあるなど老舗的な存在です。
また、緊急地震速報に標準で対応しているので、日本国内での常用も可能でしょう。

今回導入するCyanogenMod 12.1(CM12.1)はAndroid 5.1 LollipopがベースのカスタムROMです。Android 6.0 MarshmallowがベースのCM13もあるようですが、不安定との事なので安定しているであろうCM12.1をインストールしてみます。

SO-04DのAndroid4.3化

CM12.1をインストールするためにはXperia GX SO-04DをAndroid 4.3 Jelly Beanまでアップデートする必要がありますが、SO-04DはAndroid 4.1.2 Jelly Beanまでしかアップデートされなかったので、グローバル版であるXperia TX LT29i化することで対応します。

詳細は「SO-04DをLT29i化してAndroid 4.3 Jelly Beanにアップデートする」を参照してください。

CyanogenMod 12.1を導入する方法

前提条件

  • Android 4.3 Jelly Bean以上であること
  • root化されていること
  • カスタムリカバリ(CWMなど)がインストールされていること

必要なファイル

CM12.1

その他

  • CWM6-cDM_v2.5_vfix2_MultiRecovery.zip

    CWM6-cDM_v2.5_vfix2_MultiRecovery」からダウンロードできます。

  • XT-lockeddualrecovery2.8.21-RELEASE.flashable.zip

    [NUT]’s XDA download page“から”XZDualRecovery”→”XZDualRecovery 2.8.21″とたどるとダウンロードできます。

    “2.8.21”はバージョンによって異なります。特に理由がなければ最新版を使用して問題ないでしょう。
  • GApps

    GAppsはPlayストアをはじめとしたGoogle系アプリのパッケージで、様々なパッケージが用意されてます。どのパッケージを使用するかは好みですが、今回は「The Open GApps Project」より“open_gapps-arm-5.1-pico-20151124.zip”をダウンロードしました。

    “pico”は最小構成のパッケージで必要なアプリはGoogle Playからダウンロード&インストールする必要があります。
  • UPDATE-SuperSU-v2.46.zip【任意】

    SuperSU Download」からダウンロードできます。

導入手順

ROM導入用カスタムリカバリのインストール

CWM6-cDM_v2.5_vfix2_MultiRecovery.zipをSO-04Dへ格納しておきます。

  1. SO-04Dを再起動します。

  2. SONYロゴが表示されている際にLEDが青く点灯したら、ボリュームダウンキーを連続で押下するとLEDが緑色に変化しCWMが起動します。

  3. “install zip” → “choose zip from sdcard”と遷移し「CWM6-cDM_v2.5_vfix2_MultiRecovery.zip」を選択します。

  4. インストールするか問われるので問題がなければ「Yes – Install CWM6-cDM_v2.5_vfix2_MultiRecovery.zip」を選択します。

  5. 「+++++Go Back+++++」を選択し、TOPから「reboot system now」を選択します。

  6. 再起動するのでSONYロゴが表示されている際にLEDが青く点灯したら、ボリュームダウンキーを連続で押下するとLEDが緑色に変化し今度はTWRPが起動します。

CM12.1のインストール

  1. “install”より「cm-12.1-20151020-UNOFFICIAL-hayabusa.zip」をインストールします。

  2. 次に“install”より「XT-lockeddualrecovery2.8.21-RELEASE.flashable.zip」をインストールします。

  3. 次に“install”より「TX.4.3_ramdisk_replacer_for_CM12.1.zip(hijack-ramdisk for CM)」をインストールします。

  4. 次に“install”より「GApps(今回はopen_gapps-arm-5.1-pico-20151124.zip)」をインストールします。

  5. 次に“install”より「UPDATE-SuperSU-v2.46.zip」をインストールします。【任意】

  6. 次に“Wipe” → “Advanced Wipe”より「cache」「dalvik cache」「Data」をチェックしWipeします。

  7. 最後に“Reboot” → “System”より再起動します。

以上で完了です。

CyanogenMod 12.1のパフォーマンス

Xperia GX SO-04DへカスタムROMをインストール後にベンチマークを取ってみました。詳細は「SO-04Dに導入したカスタムROMのベンチマークをまとめるよ」を参照してください。

まとめ

Xperia GX SO-04Dはメモリが1GBしかないのでCyanogenMod 12.1は荷が重いのではないかと思いましたが、実際に使用してみると軽快に動作してくれています。

参考 Xperia GX SO-04Dが面白そうなので購入してみました