スマホからしか使えないWi-Fiスポットをパソコンなどで使う方法

Androidスマートフォン Android

テザリングはスマートフォンの “モバイルネットワーク” を共有するものと思われがちですが、Bluetoothテザリングを使えば “Wi-Fi” を共有することもできます。NTTドコモを始めauやソフトバンクなどキャリアが提供している “Wi-Fiスポット” の中には、契約しているスマートフォンしか使えないものがありますが、スマートフォン本体の “Wi-Fi” と “Bluetoothテザリング” を使うと、パソコンなど対象外のデバイスからでも使える場合があります。

スポンサーリンク

Bluetoothによるテザリング

テザリングと言えば「スマートフォンの “Wi-Fi” をアクセスポイントとし “モバイルネットワーク” を共有する」のが一般的です。

しかし、Wi-Fiの代わりにBluetoothを使ってテザリングすることもでき、加えてモバイルネットワークの代わりにW-Fiを別のアクセスポイントでインターネットへ接続すると、Bluetoothを経由してWi-Fiを共有することができます。

キャリアが提供する “Wi-Fiスポット” の中には、契約しているSIMカードが入ったデバイス(スマートフォンなど)しか接続できない場合もありますが、対象のスマートフォンなどが接続するWi-FiスポットをBluetoothテザリングで共有することができるので、SIMカードが入っていないパソコンなどで使うことができます。

もちろん、対象外のスマートフォンやWi-Fi専用のタブレットなどで使うことができます。

BluetoothテザリングでWi-Fiを共有する手順

  1. スマートフォンより対象のWi-Fiスポットへ接続します。

    Xperia XZ1 Compact→設定→Wi-Fi→接続

  2. インターネットへ接続したいデバイスをBluetoothテザリングにて接続します。

    SO-02K→Bluetoothテザリング→接続

  3. インターネットへ接続できます。

    Xperia XZ1 Compact→Chrome→dメニュー

BluetoothテザリングでWi-Fiを共有するやり方は以上です。

自宅や会社のWi-Fiなど制限の無いWi-Fiではテザリングせず直接にWi-Fiへ接続する方が早いですが「アクセスポイント←→Wi-Fi←→スマートフォン←→Bluetooth←→デバイス」のように中継器の代わりとして使えるので「Wi-Fiの電波が届かない」と言った場合で使うと便利でしょう。

参考 『Wi-Fiテザリング』と『bluetoothテザリング』の違いは何なのか?

タイトルとURLをコピーしました