Androidスマホの『システムUI調整ツール』を表示させる方法

スポンサーリンク
工具 Tips

Android 6.0 Marshmallowから新たに搭載された機能の1つに “システムUI調整ツール” があります。このツールは普段は見えないようになっているので、使いたい場合には手動で表示させる必要があります。

スポンサーリンク

システムUI調整ツールってなに?

システムUI調整ツールとは、その名の通りUI(ユーザーインターフェース)を調整するためのツールです。

設定変更することでシステムアイコンなどの表示/非表示をコントロールすることができるため、よくわからずに変更してしまうと重要なアイコンを非表示に設定してしまう恐れがあるのでデフォルトでは表示されていません。

そのため、表示させるためには一定の操作が必要になります。難しい操作ではありませんが、タイミングが解りにくいために「表示できない」「表示されない」と言った声をよく聞きます。

誤った操作を行わないように、不要であれば表示させないほうが良いでしょう。

システムUI調整ツールを表示させる手順

Android 6.0 Marshmallowから搭載されている機能なので、それ以降のバージョンであればクイック設定パネルを操作することで表示させることができます。しかし、機種によっては表示できないようブロックされていることがあるため、この場合にはショートカット機能を使うことで表示させることができます。

クイック設定パネルから表示する

  1. ステータスバーを上から下に2度スワイプして表示される “クイック設定パネル” より『歯車アイコン』を長めにロングタップ(5秒程度の長押し)し指を離します。
    Animator再生時間スケールをオフにしていると反応しない場合があります。
    参考 開発者向けオプションの『アニメスケール』を設定する方法

    SO-02G→Marshmallow→クイック設定パネル

  2. ロングタップから指を離すと “システムUI調整ツールを設定に追加しました” とメッセージ(トースト)が表示され、設定に『システムUI調整ツール』が追加されます。
    ロングタップの時点でオンになる(メッセージが表示される)わけでは無く、指を離したときにオンになるので注意してください。

    SO-02G→Marshmallow→設定

機種によっては無効になっており表示されない場合がありますが、この場合でも “ショートカット” を作成することで強制的に開くことが可能です。

ショートカットを作成する手順

機能が備わっていれば使うアプリは何でもよいです(ホームアプリなど)が、今回はアプリ “ショートカット+” を用います。
参考 ショートカット+ (様々なアクションを実行) – Google Play のアプリ
  1. アプリより『アクティビティ』をタップします。

    AQUOS sense→アプリ→ショートカット+

  2. アクティビティより『システムUIデモモード』をタップします。

    AQUOS sense→アプリ→ショートカット+

  3. システムUIデモモードより『作成』をタップします。

    AQUOS sense→アプリ→ショートカット+

  4. ホームに “ショートカット” が作成されます。

    AQUOS sense→アプリ→ショートカット+

システムUI調整ツールを表示させるやり方は以上です。

クイック設定パネルから “システムUI調整ツール” を表示した場合には、同じ操作をおこなうことで非表示にすることができます。ショートカットの場合には、他のアイコンと同様の操作で削除が可能です。