AndroidスマホでSuicaやPASMOなどICカードの残高や履歴を確認する方法

スポンサーリンク
自動改札機 アプリ

Xperiaを始めとした一部のAndroidスマートフォンには “NFC” と呼ばれる機能が搭載されており、これを使用するとSuicaやPASMOなどの交通系ICカードを始め電子マネーなどのICカード(Felicaなど)の履歴や残高を確認することができます。

スポンサーリンク

NFCによる読み取り機能

比較的に新しい機種では “NFC” を搭載しているので聞いたことのある人も多いでしょう。NFCは海外ではモバイル電子決済(おサイフケータイ)に利用されていることが多く、海外で販売されているスマートフォンには “NFC” のみが搭載されている機種が多いですが、日本国内で “NFC” による決済または他サービスは、一部のサービスに限られており利用することは少ないです。

しかし、この “NFC” は “Flica” のように自動改札機などのリーダーにかざして「読み取られる」ほかに、他のICカードを「読み取る」と言う読み取り機能が備わっています。このため、スマートフォンに “NFC” が搭載された機種では、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードを始め電子マネーなどのICカード(Felicaなど)の残高や履歴を読み取ることができます。

もちろん、SuicaやPASMOだけでなくICOCA・TOICA・SUGOCA・Sapica・Kitaca・manaca・はやかけん・nimoca・PiTaPa・icsca・りゅーと・ecomyca・OKICA・IruCa・Asaca・hanicaなどのSuica互換カードでも利用することができます。

参考 スマホに搭載されている『NFC』の使いかた

おサイフケータイは “FeliCa” を指すため、おサイフケータイに対応していても “NFC” が搭載されているとは限りませんので注意してください。

ICカードの残高を確認する手順

読み取りが可能なカードはアプリによって異なります。また、ICカードを読み取るためには “NFC” をオンにする必要があります。

参考 XperiaのNFCをオン/オフにする方法

おサイフケータイアプリ

おサイフケータイ対応機種であればプリインストール(プレインストール)されたアプリを使うのが便利です。
アプリ おサイフケータイ アプリ – Google Play のアプリ
  1. アプリより『三』をタップします。

    Androidアプリ→おサイフケータイ

  2. 表示されたサイドメニューより『ICカード残高読み取り』をタップします。

    Androidアプリ→おサイフケータイ

  3. ICカード残高読み取り画面が表示されたら、スマートフォン本体の “NFC” へICカードをかざします。

    Androidアプリ→おサイフケータイ→ICカード残高読み取り

    NFCの場所はFelica(おサイフケータイ)と同じで、一部を除き本体の背面にあることが多いです。

他のアプリ

今回は “マルチ残高リーダFree” を例とします。
アプリ マルチ残高リーダFree /Suicaやnanacoなど対応 – Google Play の Android アプリ
  1. アプリを起動したら、スマートフォン本体の “NFC” へICカードをかざします。

    Androidアプリ→マルチ残高リーダFree

  2. NFCによって読み取られた残高情報が表示されます。

    Androidアプリ→マルチ残高リーダFree

電子マネーの残高を確認するやり方は以上です。

ただし、これらのアプリは残高しか確認することができませんので、履歴を確認したい場合には別のアプリをオススメします。

ICカードの履歴を確認する手順

SuicaやPasmoを始めとした交通系ICカード(電車やバスなど)では、チャージ残高の他に乗り降りの履歴も確認することができます。
アプリ Suica Reader – Google Play の Android アプリ
  1. アプリを起動したら、スマートフォン本体の “NFC” へICカードをかざします。

    Androidアプリ→Suica Reader

  2. NFCが残高と履歴を読み込み表示します。

    Androidアプリ→Suica Reader

交通系ICカードの履歴を確認するやり方は以上です。

日時や入場、出場が記録されているので会社の交通費精算などに使えば、いちいち調べ直さなくて良いので2度手間にならずオススメです。