AndroidスマホからWi-Fiアクセスポイントに接続し通信する方法

スポンサーリンク
波 設定

スマートフォンは “モバイルネットワーク” と呼ばれるLTEや3Gなどの回線を用いて通信していることが多いですが、それとは別にWi-Fiを使ってインターネットに接続する事もでき、データ通信容量の節約にもなるので自宅などにWi-Fiがある場合には設定しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

モバイルネットワークとWi-Fiの使い分け

スマートフォンでインターネットを使用する際には、ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアやMVNO(格安SIM)と契約をして通信するのが主ですが、これを “モバイルネットワーク” と呼んでいます(いわゆるLTEや3Gなど)。

それとは別に、自宅などにWi-Fi(無線LAN)の電波があれば、それを使ってインターネットに接続することもできます。このWi-Fiはモバイルネットワークではないため、スマートフォン本体が契約しているデータ通信容量を消費することなく通信をすることが可能になります。

ただし、Wi-Fi側にデータ通信容量の上限が定められている場合には、そちらが消費されることになるので、契約状況を確認の上で自己責任で使用してください。

Wi-Fiに接続するには?

Wi-Fiを使って通信するには “Wi-Fiアクセスポイント” への接続が必要になります。接続するためには “SSID” や “パスワード” などの接続情報が必要ですが、SSIDは公開/非公開によって「一覧から選択する」か「手動で入力する」の二通りあるので注意してください。

参考 Wi-FiアクセスポイントのSSIDが表示されないのは何故なのか?

選択して接続する手順

  1. 設定より『Wi-Fi(ネットワークとインターネット)』をタップします。

    AQUOS sense plus→設定AQUOS sense plus→設定→ネットワークとインターネット

  2. Wi-Fiの一覧より『(任意のSSID・アクセスポイント名)』をタップします。

    AQUOS sense plus→設定→ネットワークとインターネット

    選択したネットワークによっては “パスワード” の入力が必要です。
    街中のWi-Fiスポットでは、認証のため接続後にログイン画面が表示されることがあります。
    参考 新しく始まった『マクドナルド 無料Wi-Fi』を使ってみた

入力して接続する手順

  1. Wi-Fiの一覧より『+ネットワークを追加』をタップします。

    AQUOS sense plus→設定→ネットワークとインターネット

  2. ネットワークを追加より “ネットワーク名(SSID)” を始め “セキュリティ” や “パスワード” を入力し『保存』をタップします。

    AQUOS sense plus→設定→ネットワークとインターネット→ネットワークを追加

    接続情報はWi-Fiアクセスポイントによって異なるため、管理者に問い合わせてください。
    セキュリティが “なし” や “WEP” などのWi-Fiは、セキュリティレベルが低いので接続は控えたほうが良いでしょう。

スマートフォンからWi-Fiへ接続する(登録する)手順は以上です。

接続したWi-Fiアクセスポイントの情報は記録され、2回目以降は自動的に接続されるようになりますが、これは解除することも可能です。

参考 Androidスマホで特定のWi-Fiに自動接続しないようにする方法
参考 スリープ時におけるWi-Fiの挙動を設定する方法
参考 特定のWi-Fiアクセスポイントが “無効” となってしまう原因と対処方法
参考 スマホに設定されたWi-Fiのアクセスポイント情報を削除する方法