スマホからパソコンへ自動的に画像を転送し保存する方法

スポンサーリンク
カメラ PC連携

iPhoneのiCloudを使うとiPhoneで撮影した画像をパソコンに自動転送することができますが、OneDriveを使えばXperiaでも同様の機能を構築し、自動的にXperiaからパソコンに画像を転送することができます。

スポンサーリンク

概要

スマートフォンからパソコンへ画像をコピー(または移動)させたい場合にはUSBケーブルで接続する方法が一般的です。

参考 AndroidとPCをUSB接続してファイルのやり取りを行う方法

しかし、いちいちUSB接続するのも面倒なのでクラウドを経由して自動的にアップロードするように設定すると便利です。

Windows10でOneDriveを設定する

Windows10でOneDriveを設定する方法は『パソコンにOneDriveへローカルアカウントでサインインする』を参照してください。

XperiaでOneDriveを設定する

XperiaでOneDriveを設定する方法は以下を参照してください。

参考 スマホでOneDriveを同期する方法

カメラアップロードを有効にする

スマートフォンのOneDriveアプリには「カメラアップロード」と呼ばれる機能が備わっています。この機能を有効にすると、カメラやスクリーンショットで撮影した画像をOneDriveへ自動的にアップロードしてくれます。
アップロードされた画像ファイルはWindows10で自動的にダウンロードされるのでお手軽に画像ファイルをパソコンに保存することができます。

  1. OneDriveを起動し『三』をタップします。

    OneDrive『メニューアイコン』

  2. サイドメニューが開くので『設定』をタップします。

    OneDrive『サイドメニュー→設定』

  3. 設定より『カメラアップロード』をタップします。

    OneDrive『設定→カメラアップロード』

  4. カメラアップロードより『カメラアップロード』をオンにします。オプションの設定はお好みですが、私は『使用するアップロード→Wi-Fiのみ』、『動画を含める→オン』に設定しています。

    OneDrive『カメラアップロード1』OneDrive『カメラアップロード2』

    最近のスマートフォンはカメラが高機能なので撮影した画像ファイルが高容量になります。そのため、『使用するアップロード→Wi-Fiのみ』をオススメしています。

カメラアップロードを有効にするやり方は以上です。

まとめ

自動アップロードは人によっては「気持ちが悪い」と思う人も居るでしょうが、自動アップロードしておけば「画像が消えた」「画像が見られなくなった(表示されなくなった)」などのトラブルにあってもパソコンに保存されているので、自動バックアップとしても機能するので、撮影した画像を大切にしたいのであれば設定しておくことをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました