AndroidのGoogle Play開発者サービスを “無効” または “アンインストール” する方法

スポンサーリンク
Google Play アプリ

Androidスマートフォンには ”Google Play開発者サービス” と言う名のアプリがプリインストール(プレインストール)されていますが、何らかの理由によって「無効にしたい」「アンインストールしたい」と言う際には事前に設定を変更しないと「できない」場合があります。

スポンサーリンク

ボタンがグレーアウト

Google Play開発者サービスはGoogleの各種サービスを利用するのに必要なアプリですが、何らかの理由によって「無効にしたい」「アンインストールしたい」と言う場合があります。しかし、スマートフォン本体の設定によっては 無効にする または アンインストール のボタンがグレーアウトされタップできない(反応しない)ことがあります。

AQUOS sense→設定→アプリ→アプリ情報→Google Play開発者サービス

これは端末管理アプリを解除することでタップできるようになります。

端末管理アプリを解除する手順

  1. 設定より『ロック画面とセキュリティ』をタップします。

    Xperia XZ1 Compact→設定

  2. ロック画面とセキュリティより『機器管理アプリ』をタップします。

    Xperia XZ1 Compact→設定→ロック画面とセキュリティ

  3. 機器管理アプリより『端末を探す』や『Google Pay』などのチェックを外します。

    AQUOS sense→設定→セキュリティと現在地情報→機器管理アプリ

    完了後に元に戻すのを忘れないよう注意してください。

端末管理アプリを解除するやり方は以上です。

ボタンが有効になる

端末管理アプリを解除すると、アプリ情報にてグレーアウトされていたボタンが有効化されてタップできるようになります。また、三点リーダー(3つの点)より『アップデートのアンインストール』も可能です。

AQUOS sense→設定→アプリと通知→アプリ情報→Google Play開発者サービスAQUOS sense→設定→アプリと通知→アプリ情報→Google Play開発者サービス

なお、Google Play開発者サービスはGoogleの各種サービスを利用するのに必要なアプリなので “無効” や “アンインストール” によって何らかの不都合が生じる可能性があり注意が必要です。