非ノッチなAndroidスマホにノッチを表示させる方法

スポンサーリンク
Pixel 3 XL 設定

Pixel 3はPixel 3 XLと違い “ノッチ” がありませんが、Android 9 Pieでは “ノッチ” をシミュレートすることができるので、非対応の機種であっても “ノッチ” を表示させることができます。

スポンサーリンク

ノッチとは?

ノッチ(notch)とは “窪み” などを意味する英語が由来になっており、スマートフォンなどの画面にある切り込みを指します。

2018年では多くの機種が採用しており、ベゼルレスな全画面ディスプレイの上部に “カメラ” や “センサー” などを配置するために採用されています。また、上部に加えて下部にも採用した機種も登場しました(AQUOS R2 Compactなど)。

iPhone Xシリーズが採用していることから好意的にとらえている人も多いようですが、何かと議論を呼ぶデザインであるため各メーカーが様々なデザインを考え、2018年の後半には “カメラ” を可動式にしベゼルレスな全画面ディスプレイでありながらノッチなしを採用した機種も登場しています(OPPO Find Xなど)。

このノッチは、Android 9 Pieより正式に対応しておりGoogleが販売するPixe 3 XLにも採用されていますが、面白いことにPixel 3のようなノッチなしのデザインを採用しているスマートフォンでも、ノッチを表示することができるようになっています。

ノッチをシミュレートする手順

  1. 設定の “システム” より『開発者向けオプション』をタップします。
    参考 表示されてない『開発者向けオプション』を表示させるor非表示にする方法

    Android 9 Pie→設定Android 9 Pie→設定→システム

  2. 開発者向けオプションより『カットアウトがあるディスプレイのシミュレート』をタップします。
    無い場合にはアプリで対応することが可能です。
    アプリ XOutOf10 – Google Play の Android アプリ

    Pixel 3→設定→システム→開発者向けオプション

  3. ダイアログ “カットアウトがあるディスプレイのシミュレート” より『画面隅のディスプレイ カットアウト』『ダブル ディスプレイ カットアウト』『縦長のディスプレイ カットアウト』を選択します。
    元に戻す場合は『デフォルト』を選択します。

    Pixel 3→設定→システム→開発者向けオプション→カットアウトがあるディスプレイのシミュレート

ノッチをシミュレートするやり方は以上です。

「何に使うのか?」と疑問に思う人も居るでしょうが、項目が “開発者向けオプション” にあることからアプリ開発などの動作確認に用いるものと推測できます。

ちなみにPixel 3で試したところ “ダブル ディスプレイ カットアウト” を選択するとAQUOS R2 Compact風となり “縦長のディスプレイ カットアウト” を選択するとPixe 3 XL風になりましたが、スクリーンショットには写らないようです。

タイトルとURLをコピーしました