Xperiaは海外で販売されるSIMフリーなグローバルモデルを使おう

スポンサーリンク
ドロイド君 機種情報

国内キャリアから販売されるスマートフォンは各キャリアでしか使えないような制約が付いていることがあります。そのため、MVNO(格安SIM)などで使用しようとすると使えない機能があるため海外で販売されるSIMフリーなグローバルモデルの使用をオススメします。

この記事はイレギュラーな内容を含んでいます。したがって、全て自己責任にて行い何がおきても一切の責任は負いません。

スポンサーリンク

国内モデルと海外モデルの違い

国内キャリアから販売されている『キャリアモデル』と海外で販売されている『グローバルモデル』では違いがあります。

docomoやau、SoftBankなどのキャリアと契約して国内でのみ使用するのであれば国内版『キャリアモデル』を使用するのが適しています。それは、日本のキャリアはキャリアメールなど独自仕様のサービスが多く専用のキャリアアプリがプレインストールされているのでキャリアから販売されている端末以外では対応が難しいためです。

そのため、逆に言えばキャリアと契約せずにMVNO(格安SIM)や海外での利用を想定している場合には、キャリアモデルにプレインストールされているキャリア独自仕様のアプリは非常に邪魔になります。そういったアプリの多くは通常の操作では削除できない事も多く、ただバッテリーの消費を激しくしたりバックグラウンドで何かしらの処理を繰り返して端末の挙動がおかしくなったりしてしまいます。そのため、海外版(グロ版)『グローバルモデル』を購入したほうがメリットが大きいでしょう。

参考 スマホ本体から “アンインストール” も “無効” もできないアプリを強制的に無効化する方法

メリット

アップデート

国内のキャリアから販売されているスマートフォンはプレインストールされているキャリア独自アプリの影響で、Android OSのアップデートが早々に打ち切られることが多いです。

特にXperiaシリーズは海外モデルではアップデート対象であるのにも関わらず、キャリアから販売されている国内モデルではアップデートが行われないという事が多く、「グローバル版の方がアップデート回数が多い」のは毎度のことで、国内モデルの中には1度もアップデートされなかった機種もあります。

スマートフォンは年々高価になる一方なので長く使いたいと考える人も多いでしょう。その場合には、長期間にわたってアップデートが実施される海外版のSIMフリーを購入したほうが良いでしょう。

MVNOでテザリングが使える

流行りのMVNO(格安SIM)を使用した場合、ドコモスマートフォンでは『テザリング』ができません。これは、ドコモがスマートフォンに対してSPモードでしかテザリングできないように制限をかけているからです。この制限は自分で解除することもできなくはないですが、初心者にはハードルが高いのでオススメはできません。
テザリング制限の解除はroot化不要なので自己責任で処理できるのであれば問題ないですが、そうでないのであればデフォルトでテザリング可能な海外版のSIMフリースマートフォンを購入したほうが良いでしょう。

参考 ドコモスマホでテザリングがエラーとなってしまう問題の解決方法

MVNOでA-GPSが使える

テザリングと同様にMVNO(格安SIM)を使用した場合に、ドコモスマートフォンでは『GPS』の測位が遅く使い物にならないことが多いです。これはA-GPSと呼ばれる機能がSPモードでしか使えないように制限がかけれらているからです。この制限も解除することは可能ですが、root化が必要になるためroot化ができないXperiaシリーズではGPSをまともに使えるようにすることはできません。そのため、今後Xperiaシリーズを購入するのであればA-GPSの使える海外版のSIMフリースマートフォンを購入したほうが良いでしょう。

参考 ドコモスマホでGPSの測位ができない問題の解決方法

SIMフリーである

グローバルモデルを日本国内で使用するためには必然的にSIMフリーである必要があります。そのため、逆に言えば海外旅行や海外出張に行った際に現地でプリペイドのSIMカードを購入すれば何の問題も無く使用することができます。
国内キャリアでも海外キャリアと提携してローミング(別会社の電波を使用すること)することができますが、費用が高くコストパフォーマンスが悪いのが難点です。

日本で提供されている訪日外国人向けのプリペイドSIMは非常に高いですが、海外で観光客向けに販売されているプリペイドSIMは非常に安く提供されていることが多いのでコストパフォーマンスに優れています。

ドコモでも使える

MVNOでは無くキャリアで使用するスマートフォンが欲しいという場合でも、ドコモであればSIMフリースマートフォンを使用することができます。また、キャリアメール(ドコモメール)も使用することができます。そのため、海外版のSIMフリースマートフォンを購入してもドコモで使用することが可能です。

参考 ドコモSPモードのIMEI制限が解除されたのでSIMフリースマホが使えるようになった
参考 ドコモのメールをMVNOやSIMフリースマホでプッシュ通知/自動受信する方法

デメリット

『技適マーク』が必要

技適マークについては以下を参照してください。

参考 技適とは?スマホでマークを確認する方法

バンドの対応

海外で販売されているSIMフリーなグローバルスマートフォンは日本向けカスタマイズされているわけでは無いために、日本の電波に対応していないこともあります。
日本の電波は諸外国に比べて珍しい帯域(800MHzなど)を一部で使用しているので対応していないスマートフォンもあります。

ただし、ドコモが使用するメインの帯域(2.1Gなど)は諸外国でも同様に使われているので、ほとんどのSIMフリースマートフォンで対応しておりで多くの場所で問題なく使用できます。

参考 Xperia Xシリーズの海外版であるSIMフリーなグローバルモデルは買いだった

おサイフケータイが使えない

日本で使用できる『FeliCaを使用したおサイフケータイ』は日本独自の機能であるため、海外で販売されているSIMフリーのグローバルモデルにはFeliCaそのものが搭載されていません。
SIMフリースマートフォンでもFeliCaのおサイフケータイ対応モデルが国内メーカーから発売されているので、SIMフリーでおサイフケータイが使いたいという場合には、そちらを選択した方が良いでしょう。

参考 日本国内で使い勝手の良いSIMフリースマホを使おう!

しかし、おサイフケータイのような決済システムはFeliCaだけでなくNFCを用いても可能です。代表的なのがiPhoneで使える『Apple Pay』やGoogleが提供する『Android Pay』で、日本でもいずれ開始されるのではないかと言われています。これらはNFCを用いた決済システムであるため、普及すればNFCを用いた『おサイフケータイ』も登場すると予想できます。Xperiaシリーズには『NFC』が搭載されているので、『NFCを用いたおサイフケータイ』が使えるようになることが期待できます。

参考 スマホ決済サービスの本命?Android Payってなんだ!?
参考 今後の日本で普及するであろう『Apple Pay』をおさえておこう

まとめ

海外で販売されるSIMフリーなグローバルモデルは以前であれば国内モデルに比べて高価でしたが、現在では国内モデルの価格が高騰しているのであまり差が無くなってきていますので購入しやすいでしょう。

Pickup! Xperia Xシリーズの海外版であるSIMフリーなグローバルモデルは買いだった