ステータスバーの時計に “時:分:秒” を表示する方法

スポンサーリンク
時計 設定

Androidスマートフォンでは、画面上部のステータスバーに時刻が表示されています。デフォルトでは “時:分” が表示されており “秒” が非表示となっていますが、これを “時:分:秒” の表示に変更することができます。

スポンサーリンク

表示に “秒” は必要なのか?

時計の表記は “時:分” のみで “秒” は省略されている場合がほとんどです。しかし、スマートフォンの時計はインターネット経由で調整され正確な日時を示しているので「時間ぴったりに電話やインターネットで注文したい」と言う場合には “秒” の表示がメリットとなるでしょう。

AQUOS sense plus→ホーム→時間

ただ、デメリットとしては1秒ごとに表示が切り替わるため、ある程度はバッテリーへの影響があると言う事です。とは言え、画面を常に表示させている人は少ないでしょうし、そもそも画面を常に表示させていれば「画面を点灯する」と言う動作でバッテリーを大幅に消費するので、気にするほどでは無いかもしれません。

時計に “秒” を表示する手順

  1. システムUI調整ツールより『ステータスバー』をタップします。
    参考 Androidスマホの『システムUI調整ツール』を表示させる方法

    AQUOS sense plus→システムUI調整ツール

  2. システムUI調整ツールの “ステータスバー” より『時間』をタップします。

    AQUOS sense plus→システムUI調整ツール

  3. 表示されたメニューより『時間、分、秒を表示』を選択します。

    AQUOS sense plus→システムUI調整ツール→ステータスバー→時間

時計に “秒” を表示するやり方は以上です。

設定後に再度 “システムUI調整ツール” を開くと、設定内容がリセットされてしまう事がありますが、これは不具合(バグ)のようでAndroid 7.1 Nougatで修正されています。