AQUOSスマホで文字入力時のバイブを停止させる方法

スポンサーリンク
AQUOS sense plus アプリ

AQUOS senseを始めとしたSHARP製のスマートフォンには、IME(日本語入力アプリ)として “S-Shoin” がプリインストール(プレインストール)されていますが、文字を入力する度にバイブが「ブルッ」と振動するので停止させてみました。

スポンサーリンク

文字入力時の挙動

スマートフォンで日本語を入力するためにはIME(日本語入力アプリ)が必要です。Androidスマートフォンでは各メーカーで異なったIMEがプリインストール(プレインストール)されていることが多く、SHARP製スマートフォン “AQUOS” シリーズではS-Shoinが搭載されています。このS-Shoinは、文字を入力するたびにバイブが「ブルッ」と振動するようになっており、不慣れな人にはタップ感(タッチ感)を感じられるので良いですが、使い慣れてくると無いほうが良いと感じるかもしれません。この振動はユーザーの好みに合わせて設定よりオン/オフを切り替えられるようになっています。

AQUOS sense plus→設定→システム→言語と入力→仮想キーボード→S-Shoin設定→フリック設定・入力補助

キー操作バイブをオフにする手順

  1. 設定の “システム” より『言語と入力』をタップします。

    AQUOS sense plus→設定AQUOS sense plus→設定→システム

  2. 言語と入力より『仮想キーボード』をタップします。

    AQUOS sense plus→設定→システム→言語と入力

  3. 仮想キーボードより『S-Shoin』をタップします。

    AQUOS sense plus→設定→システム→言語と入力→仮想キーボード

  4. S-Shoin設定より『フリック設定・入力補助』をタップします。

    AQUOS sense plus→設定→システム→言語と入力→仮想キーボード→S-Shoin設定

  5. フリック設定・入力補助より『キー操作バイブ』のチェックを外してオフにします。

    AQUOS sense plus→設定→システム→言語と入力→仮想キーボード→S-Shoin設定→フリック設定・入力補助

AQUOSスマートフォンのキー操作バイブをオフにするやり方は以上です。

Androidスマートフォンの文字入力は機種によって操作性が異なるため、機種変更などによって違和感が大きくなるポイントです。そのため、Googleが提供する “Gboard” のような共通で使えるIME(日本語入力アプリ)を使いと良いでしょう。

アプリ Gboard – Google キーボード – Google Play のアプリ