Androidスマホでナビゲーションバーの左端に表示されるアイコンは何なのか?

スポンサーリンク
AQUOS sense plus 設定

AQUOSシリーズなどのAndroidスマートフォンでは、ときどきナビゲーションバーの左端に見慣れないアイコンが表示されます。これは、特定のアプリを全画面で表示させることができるようになる “フルスクリーンモード” を切り替えるためのアイコンです。

スポンサーリンク

フルスクリーンモードとは?

AQUOSシリーズなどのAndroidスマートフォンでは、ステータスバーがディスプレイの上に表示されています。このバーはアプリを起動しても常に表示されるため、その分のスペースが狭くなってしまいますが、ステータスバーはAndroidスマートフォンの状態(ステータス)を表示する部分であるため、常に表示されている必要はありません。

そのため、AQUOSシリーズなどのAndroidスマートフォンでは、アプリによっては非表示にすることができ、これをフルスクリーンモードと呼びます。

このフルスクリーンモードを切り替えるには、設定より事前にオン/オフを切り替えるか、冒頭に記載したとおりアプリ起動時にナビゲーションバーの左端に表示されるアイコンでオン/オフを切り替えることができます。

フルスクリーンモードを使うには?

アプリがフルスクリーンモードに対応している必要があり、全てのアプリでオンにできるわけではありません。また、オンにしても「表示が変わらない」「正常に動作しない」と言ったことがあるので注意してください。

設定よりオン/オフを切り替える手順

  1. 設定より『ディスプレイ』をタップします。

    AQUOS sense plus→設定

  2. ディスプレイの “詳細設定” より『フルスクリーンモード』をタップします。

    AQUOS sense plus→設定→ディスプレイ

  3. フルスクリーンモードより “対象のアプリ” をオン/オフを切り替えます。

    AQUOS sense plus→設定→ディスプレイ→フルスクリーンモード

設定よりオン/オフを切り替えるやり方は以上です。

アプリ毎にオン/オフを切り替える手順

  1. 対象アプリのナビゲーションバーより “左端のアイコン” をタップします。

    AQUOS sense plus→フルスクリーンモード切替

  2. タップするごとにオン/オフが切り替わります。

    AQUOS sense plus→フルスクリーンモード切替

フルスクリーンモードを使うやり方は以上です。

フルスクリーンモードではステータスバーのみが消えるようになっているので、画面の下に表示されているナビゲーションバーは消えませんが、ナビゲーションバーは別の方法によって消すことができます。

参考 AQUOSスマホでナビゲーションバーを隠す方法