Androidスマホのカメラで縦長・横長に撮影されないように写真サイズを変更する方法

スポンサーリンク
カメラ Tips

Androidスマートフォンのカメラアプリは、ディスプレイの縦横比(アスペクト比)をデフォルトに縦長・横長に撮影する機種がありますが、写真として印刷(プリント)すると当然に上下左右のいずれかがカットされてしまいます。印象が大きく変わってしまうと感じる場合にはアスペクト比を事前に選択しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

写真の縦横比

カメラアプリで撮影した写真(画像)の縦横比(アスペクト比)は、機種や設定によって異なります。一般的なデジタルカメラの場合には4:3の比率で撮影されることが多く、ワイド撮影などを行うと16:9の比率に変わり撮影が行われます。

しかし、Androidスマートフォンの場合にはディスプレイのアスペクト比がカメラアプリのデフォルトに採用されていることがあり、ワイドの16:9や更に縦長・横長の18:9などと設定されています。

撮影した写真を撮影した機種で閲覧するには適していますが、別の機種やパソコンで閲覧すると長辺に合わせて「縮小して表示」したり「黒い帯を表示」されたりします。スマートフォンやパソコンで見る場合には拡大や移動ができるので大きく問題になることは少ないですが、通常の写真サイズに印刷(プリント)すると上下左右がカットされてしまうために「印象が変わった」「見たいところが切れた」と言ったことになりかねません。

このため、印刷などを前提に撮影をするのであれば、あらかじめアスペクト比を設定しておくと良いでしょう。

iPhoneの標準カメラアプリでは、ディスプレイによらず4:3で撮影されますが、手法によっては16:9での撮影も可能です。
参考 iPhoneの標準カメラアプリでワイドな写真を撮影する方法

縦横比を変更する手順

Androidスマートフォンのカメラアプリは、機種やバージョンによって操作が大きく異なります。例としてAQUOS sense plusを用いますが、別の機種でも同様に設定を変更できる場合が多いです。
  1. カメラアプリの “設定” より『写真サイズ(解像度)』をタップします。

    AQUOS sense plus→標準カメラアプリ→設定

    設定は『三点リーダー(3つの点)』や『歯車アイコン』をタップすると表示されることが多いです。
  2. 写真サイズより『(適当なサイズ)』を選択します。

    AQUOS sense plus→標準カメラアプリ→設定→写真サイズ

    印刷(プリント)が前提であれば一般的な写真サイズ『4:3』、他のスマートフォンやパソコンで閲覧するにはワイドな『16:9』がオススメです。
  3. カメラアプリで撮影時の縦横比(アスペクト比)を変更するやり方は以上です。

    アスペクト比ごとに複数の選択項目(解像度)が用意されている場合、よくわからなければ数値の大きな項目を選択しておけば良いでしょう。小さな項目を選択すると画像の容量を小さくすることができますが、画質が下がることがあるので注意してください。