AQUOSスマホの文字入力時に 変換キー を表示する方法

スポンサーリンク
AQUOS sense アプリ

AQUOS senseを始めとしたSHARP製のスマートフォンには、IME(日本語入力アプリ)として “S-Shoin” がプリインストール(プレインストール)されていますが、日本語の入力時に漢字変換するための “変換” キーが表示されていませんので、これを表示させてみました。

スポンサーリンク

文字入力時の漢字変換

Androidスマートフォンに限らずパソコン等でも同様ですが、日本語で文字を入力する際には、入力した “ひらがな” を漢字に「変換する」と言う操作を行います。

しかし、AQUOSスマートフォンに搭載されているIME(日本語入力アプリ)では漢字変換するための変換キーが表示されていません。入力文字列に対して自動的に変換候補が表示されるので、大きく問題になることはありませんが、場合によっては意図した変換ができない場合もあります。

このため、必要に応じて設定より変換キーを表示できるようになっています。

変換キーを表示する手順

  1. 設定の “システム” より『言語と入力』をタップします。

    AQUOS sense→設定AQUOS sense plus→設定→システム

  2. 言語と入力より『仮想キーボード』をタップします。

    AQUOS sense→設定→システム→言語と入力

  3. 仮想キーボードより『S-Shoin』をタップします。

    AQUOS sense→設定→システム→言語と入力→仮想キーボード

  4. S-Shoin設定より『表示・キーボード設定』をタップします。

    AQUOS sense→設定→システム→言語と入力→仮想キーボード→S-Shoin設定

  5. 表示・キーボード設定より『変換キーを表示(12キーボード)』をチェックします。

    AQUOS sense→設定→システム→言語と入力→仮想キーボード→S-Shoin設定→表示・キーボード設定

  6. 確定キーの上に変換キーが表示されます。

    AQUOS sense→S-Shoin→12キーボード

    最低でも1文字の文字入力が必要です。

変換キーを表示するやり方は以上です。

これにより変換キーをタップすることで、入力文字の変換候補が詳細に表示されるようになります。