スマホのソフトウェアアップデート自動更新を無効にする方法

スポンサーリンク
Google Play 設定

Androidを始めとしたスマートフォンではOSのバージョンアップ(ソフトウェアアップデート)が都度に行われています。デフォルトでは自動的にダウンロード&更新が行われるようになっていることが多いですが、何らかの理由によって現状維持したい場合には自動更新を無効にすることが可能です。

スポンサーリンク

自動更新を無効にする危険性

Androidを始めとしたスマートフォンの自動更新を無効にする(オフにする)ことは推奨しません。OSのバージョンアップには機能追加はもちろん不具合修正が含まれていることが多く、脆弱性(セキュリティホールなど)を放置することは何かと危険が伴うためです。このため、原則としては自動更新するように設定しておくべきですが、とは言え何らかの理由によって「バージョンアップされては困る」と言う場合もあるでしょう。このような場合には自動更新を無効にすることができます。

Xperia X Compact→Android 8.0 Oreo→設定→システム→端末情報

自動更新を無効にする手順

  1. 設定より『端末情報』をタップします。

    Xperia XZ1 Compact→設定Xperia XZ1 Compact→設定→システム

    Android 8.0 Oreoなどでは『システム』の配下にあります。
  2. 端末情報より『ソフトウェアアップデート』をタップします。

    Xperia XZ1 Compact→設定→システム→端末情報

  3. ソフトウェアアップデートより『自動ダウンロード/自動更新』をオフにします。

    AQUOS sense→設定→ソフトウェアアップデート

自動更新を無効にするやり方は以上です。

これで自動更新はされなくなりますが、ソフトウェアアップデートが提供されれば通知されるので早めにダウンロード&更新することをオススメします。また、非推奨ではあるものの通知を無効にすることもできます。

通知をオフにする手順

  1. ソフトウェアアップデートより『三点リーダー(3つの点)』をタップします。

    AQUOS sense→設定→ソフトウェアアップデート

  2. 表示されたメニューより『詳細設定』をタップします。

    AQUOS sense→設定→ソフトウェアアップデート

  3. 詳細設定より『品質改善を伴うアップデート』『機能向上を伴うアップデート』のオン/オフを必要に応じて設定します。

    AQUOS sense→設定→ソフトウェアアップデート

通知をオフにするやり方は以上です。

ソフトウェアアップデートは想像する以上に大切なものです。中には「操作性が変わるからアップデートしたくない」と言う意見も耳にすることがありますが、いずれ機種変更などをすれば新しいソフトウェアで使っていく必要があるので、良い機会だと思い早めのアップデートをオススメします。