Google PlayブックスアプリでPDFやePubファイルを読む方法

スポンサーリンク
本 アプリ

Google Playで電子書籍を購入して読んでいる人であれば、自分で作成した電子書籍(PDFやePubなど)をアップロードして一括管理してみると便利かもしれません。

スポンサーリンク

PlayブックスでPDFを読む

Google Playで購入できる電子書籍は “Google Playブックス” アプリによって閲覧することができます。このGoogle Playブックスは購入した電子書籍を読むだけでなく、リーダーとしても使うことができ、自分で作成した “PDF” や “ePub” などの電子書籍ファイルをアップロード&ダウンロードして閲覧できるようになっています。

Androidスマートフォンで電子書籍を閲覧するアプリは多くありますが、Google Playブックスで電子書籍を購入して閲覧している場合には1つのアプリに纏められるので便利でしょう。また、Google PlayブックスはAndroidスマートフォン/タブレットだけでなく、iPhone/iPadやパソコンなどからも閲覧できるので「AndroidスマートフォンとiPadを持っている」と言うような人には最適かもしれません。

参考 iPhoneでGoogle Playブックスの電子書籍を閲覧する方法
参考 パソコンでGoogle Playブックスの電子書籍を閲覧する方法

Playブックスにアップロードする手順

事前にPDFやePubファイルを内部ストレージに保存しておきます。
参考 AndroidスマホとWindowsを “USB接続” してファイルのやり取りを行う方法
  1. ファイラーアプリ等から『(対象のPDFやePubファイル)』を開きます。
    参考 ファイラーを使ってスマホ内のファイル操作する方法

    AQUOS sense plus→ファイラー

    PDFだけでなく電子書籍の共通フォーマット “ePub” も取り扱うことが可能です。
  2. ダイアログより『Playブックス』または『Playブックスにアップロード』をタップします。

    Android 8.0 Oreo→ダイアログ - ファイルを開く

    ダイアログが開かない場合には、デフォルトアプリ(標準アプリ)が指定されているので解除する必要があります。
    参考 Androidスマホの標準アプリを設定する方法
  3. Google Playブックスへアップロード&ダウンロードされます。

    Playブックス→PDFファイルのアップロード

    一度アップロードしないと他のデバイスでダウンロードすることができないので、アップロード&ダウンロードの両方が行われます。
  4. Playブックスアプリで閲覧することができます。

    Google Playブックスアプリ→PDFファイルの閲覧

PlayブックスにPDFファイルをアップロードするやり方は以上です。

電子書籍と言うと “マンガ” や “雑誌” などを想像する人も多いでしょうが、昨今の家電製品は “取扱説明書” がPDFで配布されていることも多いので、自宅にある製品のマニュアルを保存しておくのにも使えるでしょう。

参考 失くした取扱説明書を読む方法
参考 iBooksアプリでPDFファイルを読む方法