当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

Androidスマホで[使用されていないアプリ]を設定する方法

スマートフォンと手 Android

Androidスマートフォンをしばらく使っていると「使用されていないアプリ – 権限と一時ファイルを削除し、通知を停止しました。タップしてご確認ください。」などと通知が表示されることがあります。これは、セキュリティのための仕組みであり必要に合わせて設定することができます。

[使用されていないアプリ]とは?

カメラや内部ストレージなどを使用するアプリは、アプリの起動時に使用を許可する必要があり、これを権限と呼びます。

この権限はアプリの初回起動時にのみ設定し以後に許可を継続するよう設定することができますが、Androidスマートフォンでは長い間で使用していないアプリの[権限]や[一時ファイル]を自動的に削除する仕組みが搭載されています。このようなアプリが使用されていないアプリとして扱われます。

使用されていないアプリは、再び権限を付与するなどしないと正常な動作が期待できない場合があるので、「使用する頻度は低いが継続して使用するアプリ」などは必要に応じて[使用されていないアプリ]とならないよう設定しておくと良いでしょう。

[使用されていないアプリ]を確認する手順

通知領域に[使用されていないアプリ]の通知が表示されている場合には、それをタップすることでも表示できます。
  1. 設定より【アプリ】をタップします。

    Android 12→設定

  2. アプリより【使用されていないアプリ】をタップします。

    Android 12→設定→アプリ

  3. 使用されていないアプリより一覧を確認し、必要に応じて権限を再付与したり不要であればアンインストール(ゴミ箱アイコン)します。
    権限の再付与は設定からもできますが、対象のアプリを起動するのが簡単です。

    Android 12→設定→アプリ→使用されていないアプリ

[使用されていないアプリ]を確認するやり方は以上です。

「使用する頻度は低いが継続して使用するアプリ」については、設定をオフにすることで使用されていないアプリにしないことができます。

[使用されていないアプリ]にしない手順

  1. 設定より【アプリ】をタップします。

    Android 12→設定

  2. アプリより【〇個のアプリをすべて表示】をタップします。

    Android 12→設定→アプリ

  3. すべてのアプリより【(対象のアプリ)】をタップします。

    Android 12→設定→アプリ→すべてのアプリ

  4. アプリ情報より【権限を削除して空き容量を増やす】のオン/オフを変更します。
    使用されていないアプリにしない場合は【オフ】にします。

    Android 12→設定→アプリ→アプリ情報

[使用されていないアプリ]にしないやり方は以上です。

ダウンロード&インストール時は問題なくともアップデートによって悪意を持ったアプリになる場合があるため、このような仕組みが搭載されているとは言え不要なアプリは速やかにアンインストールをオススメします。

Androidスマホ本体からアプリ/ウィジェットを削除する方法
Androidスマートフォンにインストールされているアプリ/ウィジェットを使用していない場合には、削除(アンインストール)するのがオススメです。
タイトルとURLをコピーしました