当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

Androidスマホでバッテリー残量の表示を変更する方法

スマートフォンと手 Android

Androidスマートフォンのバッテリー残量はステータスバーに[電池のアイコン]で表示されますが、アイコンだけだと残量が分かりにくいので割合を数値(%、パーセント)で表示できるようになっています。

iPhoneでも同様のことができます。

Android 6.0からの機能

スマートフォンなどのバッテリーで動作する機器は、バッテリーの残量が分かるようアイコンによる表示がされていることが多いです。

Androidスマートフォンでも同様に画面上部のステータスバーにバッテリーアイコンが表示され残量が分かるようになっていますが、アイコンの表示では細かい残量が分かりにくいため、数値による割合(%、パーセント)の表示ができるようになっています。

これは[Android 6.0 Marshmallow]から搭載された機能であり、それ以前の機種ではメーカーが独自に実装し操作が異なる場合があるので注意してください。

残量の表示を変更する手順

  1. 設定より【バッテリー(電池)】をタップします。

    Android 12→設定

  2. バッテリー(電池)より【バッテリー残量(電池残量)】のオン/オフを切り替えます。

    Android 12→設定→バッテリー

残量の表示を変更するやり方は以上です。

割合の数値(%、パーセント)は目安であるため、例えば「1時間で10%減少した」からと言って「残り9時間」とは言えません。利用状況によって使用時間は異なるので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました