Androidスマホでアラームを設定する方法

スポンサーリンク
Androidスマートフォン Android

スマートフォンには当然のように時計機能が組み込まれています。この時計はパソコンなどと同じようにインターネットを介して自動的に修正される(NTP:Network Time Protocol)ので、インターネットに接続されている限りは(ほとんど)狂うことなく正確に時を刻み続けてくれます。

そのため、Xperiaを始めとしたAndroidスマートフォンは目覚まし時計(アラーム)として使用するのに適しています。目覚まし時計に適したアプリもあり高機能ですが、時計アプリのアラームでも『1分刻みで設定』『アラームを鳴らす曜日』『アラーム音の音量設定』『スヌーズの設定』『マナーモード中の鳴動』など細かい設定ができて充分なので活用してみましょう。

また、意外と失敗してアラームが止められないことも多いので、アラームの止め方スヌーズの使い方も合わせて今一度確認しておくと良いでしょう。

iPhoneでも同様のことができます。
スポンサーリンク

アラームの使いかた

アラームの設定画面を表示させるには、ドロワー(ドロアー)より時計アプリを起動するか、ホームの時計ウィジェットをタップすると表示されます。

ドロワー(ドロアー)とはアプリ一覧のことです。

新規作成・変更する手順

  1. 時計アプリの “アラーム” より『(既存の時刻)』または『+』をタップします。

    Androidアプリ→時計→アラーム

  2. 表示された時計より “時刻” を設定し『OK』をタップします。

    Androidアプリ→時計→アラーム

  3. その他の項目を編集します。

    Androidアプリ→時計→アラーム

アラームを新規作成・変更するやり方は以上です。

アラーム音の音量に注意してください。アラームはオン/オフすることができますが、不要であれば削除した方が誤操作が少ないでしょう。

削除する手順

  1. 時計アプリの “アラーム” より『下を向いた “く” 』をタップします。

    Androidアプリ→時計→アラーム

  2. 表示された『削除』をタップします。

    Androidアプリ→時計→アラーム

アラームを削除するやり方は以上です。

設定と表示で時刻が違うのはなぜ?

アラームを設定するとホームに配置した時計ウィジェットなどから “アラーム時刻” を確認することができますが、場合によっては「設定したアラームの時刻」と「表示されているアラームの時刻」が違うことがあります。

これは、スマホゲームなどのゲーム内で「イベント予約」や「クエスト予約」などが原因であることが多く、ゲームアプリがAndroid標準の機能を使ってタイマーを動かしていたりすると、その時刻がアラーム時刻として時計ウィジェットへ表示されてしまうので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました