Android 7.0 Nougatまでのスマホでアラームを設定する方法

iPhoneはもちろんXperiaなどのAndroidスマートフォンには標準機能でアラームがあり目覚まし時計として使うことができます。

Android 8.0 Oreoより設定方法が大きく変わりました。
参考 Android 8.0 Oreoでスマホのアラームを設定する方法
auのXperiaで アラームが止められない! っという人は不具合かもしれませんので「auのXperiaでアラームが止められない場合はアップデートを確認」を参照してください。
スポンサーリンク

スマホの時計は正確

スマートフォンには当然のように『時計』機能が組み込まれています。この時計はパソコンなどと同じようにインターネットを介して自動的に修正されるので、インターネットに接続されている限りは(ほとんど)狂うことなく正確に時を刻み続けてくれます。

そのため、Xperiaを始めとしたAndroidスマートフォンやiPhoneは目覚まし時計(アラーム)として使用するのに適しています。

ネットワークに接続された機器が、自身の時計を正しい時刻へ同期する機能を NTP(Network Time Protocol) とよびます。

アラームは標準機能

Xperiaを始めとするスマートフォンには当然時計が組み込まれていますのでアラームを使用することができます。また、目覚まし時計に適したアラームアプリもあり高機能ですが、標準機能でも『1分刻みで設定』『アラームを鳴らす曜日』『アラーム音の音量設定』『スヌーズの設定』『マナーモード中の鳴動』など細かい設定ができて充分なので活用してみましょう。

また、意外と失敗してアラームが止められないことも多いので、アラームの止め方スヌーズの使い方も合わせて今一度確認しておくと良いでしょう。

Xperia Z3 Compact SO-02G Android 5.0.2 Lollipopを例としますので他のAndroidスマートフォンやバージョンによっては違うこともあります。

アラームの設定

  1. アラームと時計より一番左のタブをタップし一覧から 既存の設定 をタップするか +アイコン をタップして新規登録します。

    Xperia「アラーム」Xperia「アラーム編集」

  2. 設定画面より 必要項目 を入力します。

    Xperia「アラーム設定1」Xperia「アラーム設定2」

    時間アラームを鳴らす時間を設定します。1分刻みで設定することができます。
    繰り返し1週間でどの曜日にアラームを鳴らすかを設定します。平日と休日で鳴らす時間が違う場合などに使用します。設定しない場合は1度きりの鳴動になります。
    アラーム音アラーム鳴動時の音を音楽などに変更することができます。
    アラーム音量アラームの音量を設定します。マナーモード中の動作に関しては マナーモード中の鳴動 に依存します。イヤホンを使用中でも 端末のスピーカーから音が鳴る ので公共の場所などでは注意が必要です。
    スヌーズ間隔アラームは止めずに一定時間鳴動したら停止します。その際に再度アラームを鳴らす間隔を設定します。
    バイブレーションアラーム音の他にバイブレーションを動作させるか設定します。マナーモード中でも動作します。
    マナーモード中の鳴動マナーモード中に音を鳴らすかを設定します。オフの場合でもバイブレーションは動作します。
    サイドキーの動作アラーム鳴動時のサイドキーの動作をスヌーズ または 停止 を選択することができます。
  3. 最後に 完了 をタップします。

    Xperia「アラーム設定完了」

    完了 をタップしないと保存されずにアラームが鳴らないので注意してください。

アラームの止め方

Androidバージョンによって手順が違う可能性がはありますが、Xperia Z3 Compact SO-02Gでは タップしても止められない です。またスヌーズの使い方もあるので一度テストしてみることをオススメします。

  1. アラームが鳴ったら中央の スヌーズ と書かれたところをタップすると一旦停止したのち設定した “スヌーズ間隔” 後に再度アラームが鳴ります。アラームを完全に止める場合には画面下にある スライドして停止左→右 にスライドします。

    Xperia「アラームスヌーズ」Xperia「アラーム停止」

    やってみるとわかると思いますが、起抜けにスライドさせると意外と失敗してアラームが止められないので注意してください。しっかりとスライドさせましょう。

設定と表示で時刻が違うのはなぜ?

アラームを設定するとホームに配置した時計ウィジェットなどから “アラーム時刻” を確認することができますが、場合によっては「設定したアラームの時刻」と「表示されているアラームの時刻」が違うことがあります。

AQUOS sense plus→ホーム→時計ウィジェット

これは、スマホゲームなどのゲーム内で「イベント予約」や「クエスト予約」などが原因であることが多く、ゲームアプリがAndroid標準の機能を使ってタイマーを動かしていたりすると、その時刻がアラーム時刻として時計ウィジェットへ表示されてしまうので注意してください。


設定を細かくできると言うのは高機能で良いかもしれませんが、アラームを鳴らすだけでここまでの設定ができる必要は無いかもしれません。欲を言えば、簡易的な設定ができるメニューが欲しいです。

参考 iPhoneを目覚まし時計として使う設定のやり方

タイトルとURLをコピーしました