AndroidアプリをPackage Disablerアプリで無効化する方法

スポンサーリンク
スマートフォン カスタマイズ

ドコモスマートフォンなどではプリインストール(プレインストール)されたアプリに悩まされることがあります。これらのアプリは通常の方法では “アンインストール” はもちろん “無効化” できない事が多いですが、Package Disablerアプリを使うと無効化することができるようになります(root化は不要)。

スポンサーリンク

前提条件

Package Disablerアプリは、Google Playからダウンロード&インストールすれば使えると言う類のアプリでは無く、インストール後にパソコンからの操作が必要となるので注意してください。

事前準備

アカウントの解除

Package Disablerはスマートフォン本体をroot化することなく実行することができます。これは、アプリに特殊な権限(rootでは無い)を与えることで実現していますが、この権限は通常であれば “Googleアカウント” が持っているため設定を解除する必要があります。
参考 Androidスマホに登録したGoogleアカウントを解除する方法

ドコモアカウントの削除

また、ドコモスマートフォンの場合にはドコモアカウントが同様の権限を有していますが、これが “アンインストール(削除)” も “無効化” もできないので、強制的にアンインストールする必要があります。ただし、再インストールができないので注意してください。
参考 Androidスマホのプリインストールアプリを強制的にアンインストールする方法

adb shell pm uninstall -k ––user 0 com.nttdocomo.android.accountauthenticator

Package Disablerに権限を付与する手順

  1. Package Disabler – kunkunsoft より『PackageDisablerFree.apk』をスマートフォン本体に保存します。

    Web→KUNKUNSOFT→PACKAGE DISABLER

  2. スマートフォン本体に『PackageDisablerFree.apk』をインストールします。
    参考 Androidアプリのapkファイルを直接インストールする方法

    AQUOS sense→インストール→APK

  3. スマートフォン本体とパソコンをUSBケーブルで接続します。
    Anker PowerLine+ USB-C & USB-A 3.0 ケーブル (0.9m グレー) Galaxy S8 / S8+、MacBook、Xperia XZ対応
    Anker PowerLine+ USB-C & USB-A 3.0 ケーブル
    スマートフォンの画面に “USB接続の用途” などと表示されたら『ファイルを転送する』を選択します。
  4. パソコンのコマンドプロンプトより『(以下のコマンド)』を実行します。
    adb shell dpm set-device-owner com.kunkunsoft.rootpackagedisablerfree/.receiver.DPMReceiver
    
  5. 実行結果に “Success” と表示されれば正常です。
    Success: Device owner set to package ComponentInfo{com.kunkunsoft.rootpackagedisablerfree/com.kunkunsoft.rootpackagedisablerfree.receiver.DPMReceiver}
    Active admin set to component {com.kunkunsoft.rootpackagedisablerfree/com.kunkunsoft.rootpackagedisablerfree.receiver.DPMReceiver}
    

エラーが発生する場合は?

エラーが発生して権限を付与することができないのは、アカウントが削除されておらず残っていることが原因であることが多いです。

java.lang.IllegalStateException: Not allowed to set the device owner because there are already some accounts on the device

Package Disablerの使いかた

  1. アプリの “INSTALLED(インストール済み)” や “SYSTEM(システム)” などから『(対象のアプリ)』にチェックを付けます。

    AQUOS sense→PACKAGE DISABLER

  2. 対象のアプリが無効化されます。

    AQUOS sense→無効化→ドコモ電話帳

比較的に古いAndroidバージョンであればADBを使って無効化することができるので、わざわざアプリをインストールする必要は無いでしょうが、比較的に新しいAndroidバージョンの場合には、無効化では無くアンインストールしかできない場合があるので、アンインストールに不安があればアプリから無効化してみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました