当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

Androidスマホの通知を後から再通知させる方法

スポンサーリンク
時計 Android

Androidスマートフォンでは、各種アプリからのお知らせ(メールの受信など)が通知領域に表示されるようになっていますが、これに任意の時間を設定し後から再通知させることができます(スヌーズ)。

スポンサーリンク

通知の良し悪し

常時にインターネットへ接続されているスマートフォンでは、メールの着信を始めとした「アプリからのお知らせ」が、ほぼリアルタイムに通知領域へ表示されるようになっています(これを「通知」と呼んでいます)。

便利な機能ですが、通知の内容によっては火急に処理する必要は無く「後で処理したい」と思うこともあるでしょう。しかし、通知を残しておくと他の通知を見逃しがちになってしまったり、誤って消してしまい困ったことになる場合もあります。

そこで、届いた通知にスヌーズを設定し、希望した時間に再通知されるようにすると便利です。ちなみに、スヌーズとは「居眠り」の意味で、目覚まし時計などのアラームを止めても一定時間後に再び鳴り出す機能を指します。

通知のスヌーズを許可する手順

バージョンによっては設定に項目が無くとも、スヌーズ自体はできる場合があります。
  1. 設定より『アプリと通知』をタップします。

    Android 10→設定

  2. アプリと通知より『通知』をタップします。

    Android 10→設定→アプリと通知

  3. 通知の “詳細設定” より『通知のスヌーズを許可』のオン/オフを切り替えます。

    Android 11→設定→アプリと通知→通知

通知のスヌーズを許可するやり方は以上です。

通知をスヌーズさせる手順

  1. 対象の通知を “左” または “右” へ3分の1ほどドラッグ(タッチしたまま動かす)し、表示された『目覚まし時計(画像では右)のアイコン』をタップします。
    素早く操作すると削除されてしまうので注意してください。ゆっくりとした動作をオススメします。

    Android 11→通知→メニュー

  2. スヌーズより『(任意の時間)』を選択します。

    Android 11→通知→メニュー→スヌーズ

通知にスヌーズを設定するやり方は以上です。

誤って消してしまった通知は履歴から確認することができるので、合わせて活用すると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました