MWC2016で新機種Xperia Xシリーズの3製品が発表された

スポンサーリンク
ドロイド君 機種情報

バルセロナで開催されたMWC2016(Mobile World Congress 2016)にて、日本時間2月22日(月)16時30分からソニーモバイルが新しいXperiaシリーズとして “Xperia X” と “Xperia X Performance” に加え “Xperia XA” を発表しました。

スポンサーリンク

『Z』から『X』へ

これまでのXperiaシリーズにおけるハイエンドモデルには『Xperia Z』が名付けられていましたが、これからは『Xperia X』と名付けられるようです。すなわち、Xpria Z5シリーズの後継機はXperia Z6シリーズでは無く『Xperia X』シリーズと言うことになるようです。

発表されたのは “Xperia X” と “Xperia X Performance” に加え “Xperia XA” の3機種ですが、このうち日本国内で発売されるのはXperia X Performanceのみとなります。

Xperia X Performanceの概要

Xperia Xシリーズの中でフラッグシップな製品となりQualcommの最上位SoCである『Snapdragon 820(MSM8996)』が搭載されます。Snapdragon 820が搭載されるのはXperia X Performanceのみとのことです。Xperia Z5シリーズで言うところの『Premium』に位置するスマートフォンでしょう。

基本スペック

OS Android 6.0 Marshmallow
SoC(CPU) Qualcomm Snapdragon 820
RAM(メモリ) 3GB
内部ストレージ 32GB
画面サイズ 5インチ
解像度 1920×1080 フルHD
カメラ アウト:2300万画素/イン:1300万画素
カラー ホワイト(ヘアライン加工)、グラファイトブラック(ヘアライン加工)、ライムゴールド、ローズゴールド
バッテリー 2,570mAh(Quick Charge 2.0)
SIMサイズ nanoUIM(nanoSIM)
その他 防水・防塵、指紋認証、Micro USB、microSDXC(最大200GBまで)、VoLTE(HD+)、ハイレゾ

残念ながらワイヤレス充電Qiには非対応でしたが、充電用のUSB端子が本体の下部に位置しているため、Qiアダプターを後付けすることでQi対応にすることもできるでしょう。

参考 Xperiaでワイヤレス充電!おくだけ充電ができる『Qi』に注目してみた

バンド

ドコモのXiプラスエリア(Band 19)に対応しているので日本国内でも問題なく使用できそうです。SoftBankはプラチナバンド(Band 8)が使えるので問題なく使用できそうです。しかし、auはメイン展開しているBand18(800M)が使えないので使用は難しいと考えた方が良いでしょう。

band ドコモ au SB X
(F5121)
XP
(F8131)
1(2.1G)
3(1.8G)
8(900M)
11(1.5G)
18(800M)
19(800M)
21(1.5G)
26(800M)
28(700M)

Xperia Xシリーズは『Quick Charge 2.0(急速充電2)』に対応しています。そのため、Xperia Xシリーズを購入する場合にはQuick Charge 2.0対応充電器も合わせて購入しておくことをオススメします。

docomo Xperia X Performance SO-04H 白ロム
docomo
au Xperia X Performance SOV33 白ロム
au