Androidスマホ本体のAndroid OSをアップデートする方法

Androidスマートフォンの多くは発売後も何度かAndroid OSのアップデート配信が行われることがあります。アップデートの準備が行われると本体に “通知” などが表示されますが、いち早くアップデートをしたい場合には手動によるアップデートも可能です。

スポンサーリンク

アップデートの手段

AndroidスマートフォンのOSアップデートは、スマートフォン本体をインターネットへ接続しアップデートファイルをダウンロードしインストールを行うOTA(Over-The-Air)が主流です。ただし、このようなアップデートに必要なダウンロードファイルは大容量になりがちなので、Wi-Fiなどの利用をオススメします。また、OCN モバイル ONEIIJmioモバイルサービスと言った格安SIM(MVNO)を使用し「接続先が異なります」などとエラーが発生する場合もWi-Fiに接続することでアップデートが可能な場合が多いです。

XperiaシリーズなどではOTAによるアップデートの他に専用ソフトウェアを経由してパソコン等からダウンロード&インストールすることが可能な場合もあります。OTAでアップデートする場合とパソコンからアップデートする場合では、パソコンからアップデートする方が所要時間が短いことが多いので、環境が整えられる場合にはパソコンから実施したほうが早いでしょう。

アップデートが配信されると販売キャリアやメーカーの公式サイトなどに “お知らせ” が表示されますが、いちいち確認しなくともスマートフォン本体へ “通知” が来ることがほとんどです。仮に通知が来ない場合でも手動でアップデート操作をすることができるので、自分のタイミングでアップデートすると良いでしょう。

OTAでアップデートする手順

  1. 設定の “システム” より『システムアップデート』をタップします。

    AQUOS sense plus→設定AQUOS sense plus→設定→システム

  2. システムアップデートより『アップデートをチェック』をタップし画面に従って操作を行います。
    画面に “お使いのシステムは最新の状態です” と表示されていてもアップデートが可能になることがあります。

    AQUOS sense plus→設定→システム→システムアップデート

OTAでアップデートするやり方は以上です。

アップデートの提供が開始された直後などは「接続できませんでした」とエラーが表示されることがありますが、これはアクセス過多によるものなので時間を空けてからアップデートすることをオススメします。

また、ドコモスマートフォンでドコモ系アプリを無効に設定していると “ソフトウェアアップデート” が表示されない場合があります。その際には無効化したアプリを有効にすれば表示されるようになります。

タイトルとURLをコピーしました