Androidスマホで Wi-Fi や Bluetooth が勝手にオンになるのを防ぐ方法

スポンサーリンク
Androidスマートフォン Android

スマートフォンの “Wi-Fi” や “Bluetooth” をオフにしているのに「勝手にオンになった」と言った経験はないでしょうか。これは、不具合(バグ)や故障などでは無くスマートフォンにあらかじめ搭載されている「位置情報のスキャン」が影響している場合があります。

スポンサーリンク

位置情報サービスをサポートするもの

GPSなどの位置情報サービスには、精度を向上させるために Wi-FiBluetooth の電波をスキャンし補助として使用しています。

これら電波をスキャンするためには、それぞれの機能をオンにしておく必要がありますが、ユーザーがオフにしていても位置情報の精度を上げるために 自動的にオンになってスキャンすることがあります。

このため、このスキャン機能をオフにすれば “Wi-Fi” や “Bluetooth” をオフのまま維持することができるようになるかもしれません。ただし、実際には、他のアプリなど様々な要因によってオンになってしまう事があるので、必ずしも改善するわけでは無く「原因の1つである」と言うことになります。

スキャンを無効にする手順

  1. 設定より『セキュリティと現在地情報(ロック画面とセキュリティ など)』をタップします。

    Androidスマートフォン→設定

  2. セキュリティと現在地情報より『位置情報』をタップします。

    Androidスマートフォン→設定→セキュリティと現在地情報

  3. 位置情報の “詳細設定” より『スキャン』をタップします。

    Androidスマートフォン→設定→セキュリティと現在地情報

  4. スキャンより『Wi-Fiのスキャン』『Bluetoothのスキャン』のオン/オフを切り替えます。
    画像はオンの状態でタップするとオン/オフを切り替えることができます。

    Android 9 Pie→設定→セキュリティと現在地情報→位置情報→スキャン

位置情報サービスによる “Wi-Fi” や “Bluetooth” のスキャンを無効にするやり方は以上です。

この設定によって位置情報サービスの精度が落ちる場合があるので、高い精度で利用したい場合にはオンに戻すようにした方が良いでしょう。

参考 スマホの “位置情報” を設定する方法

タイトルとURLをコピーしました