LINEで送信したメッセージを削除する方法

スポンサーリンク
メッセージ アプリ

2017年12月13日よりLINEに “送信取消機能” が実装されました。これによって、送信メッセージを取り消すことができるので、相手のトークからメッセージを削除できるようになりました。

スポンサーリンク

送信取消機能と削除の違いは?

2017年12月13日より新たに登場した送信取消機能ですが、LINEではこれまでにもメッセージを削除する機能は備わっていました。

LINE→メッセージに対するメニュー

この2つには明確な違いがあり、これまでの “削除” は、自分自身のLINEでのみ有効で相手に表示されているメッセージまでは消去されることはありませんでしたが、送信取消機能は送信自体が取り消されるため、自分はもちろんのこと相手に表示されているメッセージも削除されることになります。

LINE→メッセージの削除と送信取消LINE→メッセージの削除と送信取消

このため、一般的に言う「メッセージを削除する」とは送信取消を指していることが多いでしょう。

送信取消の手順

  1. LINEより『(送信取消を行うメッセージ)』をロングタップ(長押し)します。

    LINE→メッセージの取り消し前

  2. 表示されたダイアログより『送信取消』をタップします。

    LINE→メッセージに対するメニュー

    メッセージ送信後、24時間が経過したメッセージは送信取消することができません。
    送信取消ではなく “削除” をタップすると、自分だけメッセージが消去されます(相手のLINEには残る)。
  3. メッセージの送信が取り消され、その旨が自分および相手のLINEに表示されます。

    LINE→メッセージの取り消し後LINE→メッセージの取り消し後

  4. 相手のLINEアプリが古いバージョンである場合には取り消しできないことがあります。

LINEで送信したメッセージを取り消すやり方は以上です。

メッセージを送った直後に送信取消を行っても、メッセージを受信した通知が残ってしまうので、取り消したメッセージを「見せない」ということはできません。このため、送信取消ができるからと言って安易なメッセージを送るのは止めたほうが良いでしょう。