Androidスマホのホームボタン長押しで表示される機能を無効にする方法

スポンサーリンク
Androidスマートフォン Android

Androidスマートフォンでは、ホームボタンを長押しすると “Googleアシスタント” と呼ばれるパーソナルアシスタント機能が起動するようになっています。この操作による動作は設定によって変更することができ、場合によっては無効にすることもできます。

スポンサーリンク

アシスタント機能

Googleによるパーソナルアシスタント機能は、これまで “Now on Tap” と呼ばれる機能が搭載されていましたが、2017年5月下旬より上書きされる形で “Googleアシスタント” が搭載されています。

Googleアシスタントは画面に表示されている内容を読み取りGoogle検索を行い、メールなどに記載された内容から「レストランの名前」や「ToDo」を読み取って表示させたりすることができます。

比較的便利な機能ですが、起動させる操作 “ホームボタンを長押し” が誤操作をしがちであるため、意図しないタイミングで起動してしまう事もあるでしょう。そのため、「起動させたくない」と言う場合にはオフにすることもできます。

Googleアシスタント

アシスタント機能を無効にする手順

  1. デフォルトアプリより『アシストと音声入力』をタップします。

    Androidスマートフォン→設定→アプリと通知→デフォルトアプリ

  2. アシストと音声入力より『アシストアプリ』をタップします。

    Android 9 Pie→設定→アプリと通知→デフォルトアプリ→アシストと音声入力

  3. 表示された一覧より『なし』を選択します。
    有効にしたい場合には『Google』を選択します。

    Android 9 Pie→設定→アプリと通知→デフォルトアプリ→アシストと音声入力→アシストアプリ

アシスタント機能 “Googleアシスタント” を無効にするやり方は以上です。

ちなみに、Googleアシスタントを使用すると「無音でスクリーンショットを撮る」と言うこともできるので、必要であれば有効にしたまま活用したほうが良いでしょう。

また、無効ではなくGoogleアシスタントのみを “オフ” に設定してGoogle検索のみを使うこともできます。

タイトルとURLをコピーしました