Androidスマホで撮影した画像に位置情報が記録されないようにする方法

Androidスマートフォン Android

Androidスマートフォンには “GPS” を始めとした位置情報サービスによって現在地知ることができますが、この位置情報はカメラで撮影した画像に埋め込むことが可能で「ジオタグ」と呼ばれています。このジオタグは便利な機能ですが使い方を誤ると個人情報の漏えいにつながるので、不要であればオフにしたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

ジオタグとは?

Androidスマートフォンなどを始めパソコンなどで閲覧できる “画像” には、撮影した場所の位置情報(緯度と経度)を記録することができるようになっており、これをジオタグと呼んでいます。

このジオタグは、カメラと位置情報サービスを利用できるデバイス(スマートフォンなど)では、カメラで撮影するだけで画像に取得した位置情報(緯度と経度)を埋め込むことができるようになっています。

旅の思い出などに利用するには便利な機能ですが、自宅で撮影した場合には「自宅の位置情報」が画像に保存されるので、この画像をSNSなどにアップロードすると、それを見た第三者に撮影した場所が把握されてしまうことになります。

このため、特に必要で無い場合にはカメラアプリが位置情報を利用できないよう設定しておくと安心です。

ジオタグを保存しない手順

Xperiaの標準カメラアプリを例としており、他の機種やバージョンでは異なる場合があるので注意してください。
また、別のアプリやアプリを複数使用している場合にはアプリ毎に設定する必要があります。
  1. カメラアプリより画面左上に表示されている 工具のアイコン をタップします。

    Android「カメラ」設定

  2. 表示されたメニューより ジオタグ をタップします。

    Android「カメラ」ジオタグ

  3. 表示されたダイアログより OFF をタップします。

    Android「カメラ」ジオタグOFF

Androidでジオタグ機能を無効にするやり方は以上です。

ジオタグを削除する手順

既に撮影された画像などジオタグが付与されている画像からジオタグを削除することは可能です。ただし、Androidの標準でジオタグを削除する機能は存在しないので、別途アプリを使用します。

アプリ Photo Info Eraser – Google Play の Android アプリ

  1. アプリを起動したら『画像選択のアプリ』をタップします。

    Android「PhotoInfoEraser」画像アプリ選択

  2. 画像を選択すると以下のように表示されますので、「タグ削除」をタップします。

    Android「PhotoInfoEraser」タグ削除

撮影された画像からジオタグを削除するやり方は以上です。

ジオタグは上手に使えば非常に便利な機能ですが、SNSなど不特定多数が閲覧可能な場にアップロードする際には非常に面倒な存在になります。トラブルに巻き込まれないためにも自分のプライバシーには気をつけてください。

参考 Xperiaにおいて写真に後からジオタグを追加する方法

タイトルとURLをコピーしました