Androidスマホで電池残量低下の通知アイコンを表示させない方法

スポンサーリンク
バッテリー(電池) 設定

Xperiaを始めとしたAndroidスマートフォンでは、バッテリーの残量が一定(30%や15%など)を下回るとステータスバーに “電池残量低下の通知” のアイコンが表示されますが、不要であれば非表示にすることができます。

スポンサーリンク

電池残量低下の通知とは?

スマートフォンなどに搭載されている “リチウムイオンバッテリー” では、残量が低下した状態での使用は「劣化を早める行為」とされているため、一定の残量を下回った段階で充電を開始するのが一般的です。そのためか、Xperiaなどでは “30%” や “15%” の段階で「電池残量は15%(or 30%)以下です。」と表示されるようになっています。
参考 スマホのバッテリーできるだけ長く使う適切な充電方法

Xperia X Compact→電池残量低下の通知→アイコンXperia X Compact→電池残量低下の通知→通知

しかし、毎日に持ち歩き使用するスマートフォンでは、通知が表示されたからと言って充電を開始できるわけでは無く、常に表示される通知アイコンが「必要ない」と感じれば消すことができます。

通知アイコンを非表示にする手順

  1. 設定より『アプリと通知』をタップします。

    Xperia XZ1 Compact→設定

  2. アプリと通知より『通知の設定』をタップします。

    Xperia XZ1 Compact→設定→アプリと通知

  3. 通知の設定より『通知』をタップします。

    Xperia XZ1 Compact→設定→アプリと通知→通知の設定

  4. 通知より『三点リーダー(3つの点)』をタップします。

    Xperia XZ1 Compact→設定→アプリと通知→通知の設定→通知

  5. 表示されたメニューより『システムを表示』をタップします。

    Xperia XZ1 Compact→設定→アプリと通知→通知の設定→通知

    システムアプリを表示させない場合には操作の必要はありません。
  6. すべてのアプリより『システムUI』をタップします。

    Xperia XZ1 Compact→設定→アプリと通知→通知の設定→通知

  7. 通知の “システムUI” より『電池残量低下の通知』をタップします。

    Xperia X Compact→設定→通知→システムUI

  8. 電池残量低下の通知より『重要度』をタップします。

    Xperia X Compact→設定→通知→システムUI

    通知時の振動を無効にしたい場合には『バイブレーション』をオフにします。
  9. 重要度より『低 – 音と通知表示はしない』を選択します。

    Xperia X Compact→設定→通知→システムUI

電池残量低下の通知アイコンを非表示にするやり方は以上です。

通知領域を開くとわかりますが “通知アイコン” は消えるものの “通知” は表示されたままとなるかもしれません。設定内容の文言から察するにバグ(不具合)かと思いますが、もしかしたら仕様なのかもしれません。