Androidスマホ本体の向きに応じて自動回転する画面を制御する方法

Androidスマートフォン Android

Xperiaを始めとしたAndroidスマートフォンには画面の向きを識別するセンサーが搭載されており、これを利用して本体の向きに応じて画面の向きが自動で回転するようになっていますが、時には自動回転してほしくない場合もあるので「自動回転する」「自動回転しない」を制御できるようになっています。

スポンサーリンク

画面表示の自動回転

多くのAndroidスマートフォンには、本体の上下を識別するセンサーが搭載されているので、本体が「どっちを向いているのか」がわかるようになっています。

これを利用するとスマートフォン本体の “縦” や “横” などの向きに合わせて、画面の表示を自動的に変更する(回転させる)ことができます。

一見すると便利な機能ですが「横に寝ころぶ」ような状態で「スマートフォン本体を “縦” に持つ」と画面が “横” に表示されて見にくいことがあり、このような場合には自動回転はオフにするのが便利です。

自動回転を設定するには?

自動回転をオン/オフするのは、いくつかの手段が用意されています。

クイック設定パネルから切り替える手順

  1. 画面より『上端から下へスワイプする』と通知領域が表示されます。

    SO-02G→Android 5.0 Lollipop→通知領域

  2. 通知領域より『上端から下へスワイプする』とクイック設定パネル(クイック設定ツール)が表示されます。

    SO-02G→Android 5.0 Lollipop→クイック設定ツール

  3. クイック設定パネル(クイック設定ツール)より『自動回転アイコン』をタップして切り替えます。
    クイック設定パネルに自動回転のアイコンが表示されていない場合には、設定によって変更することができる場合があります。

    SO-02G→Android 5.0 Lollipop→クイック設定ツール

クイック設定パネルから切り替えるやり方は以上です。

設定より切り替える手順

  1. 設定より『画面設定』をタップします。

    Xperia X Compact→設定

  2. 画面設定の “機器が回転したときの表示” を『画面の表示も回転』に設定すると自動回転します。
    画面設定の “機器が回転したときの表示” を『画面の表示は縦向きのまま』に設定すれば固定されます。

    Xperia X Compact→設定→画面設定

設定より切り替えるやり方は以上です。

自動回転を “オン” にしても向きによっては自動回転しない場合がありますが、これはアプリによって回転させることができます。

自動回転を “オフ” にするとスマートフォン本体の向きに関わらず “縦” に固定されますが、Android 9 Pieでは “オフ” でも任意のタイミングで回転させることができるようになります。

回転ボタンで回転させる手順

  1. 自動回転が “オフ” の状態でスマートフォン本体を “横” にし、ナビゲーションバーに表示された『回転ボタン』をタップします。
    元に戻す場合には、スマートフォン本体を “横” → “縦” にし同様に『回転ボタン』をタップします。

    Android 9 Pie→ナビゲーションバー→回転ボタン

回転ボタンで回転させるやり方は以上です。

ちなみに、スマートフォン本体の自動回転をオンにしていてもホーム画面は縦に固定されたままになる場合がありますが、一部のホームアプリの場合には設定によってホーム画面を自動回転させることができるようになります。

タイトルとURLをコピーしました