Androidスマホの “IMEI” を確認する方法

スポンサーリンク
Androidスマートフォン Android

オークションなどで端末を売ったり買ったりする人であれば “IMEI” と言うものを目にする機会は多いでしょう。必要になる機会は少ないですが、イザと言う時のために確認する方法を覚えておくと便利です。

スポンサーリンク

IMEIってなに?

IMEIとは、一言で簡単に言えば端末の “識別番号” で「国際移動体装置識別番号」とも呼ばれ全ての携帯電話やスマートフォン本体に割り当てられています。

この番号は1台1台が重複することなく唯一の(ユニークな)番号となっています。また、本体に割り当てられている番号なので、SIMカードなどを交換しても変わることはありません。

IMEIは重要な番号であるがゆえに確認する方法が複数の手段で用意されています。

IMEIを確認する手順

化粧箱から確認する

携帯電話やスマートフォンなどを購入した際、本体などが同梱されている化粧箱(外箱)にシールなどで添付されていることが多いです。

一番簡単な確認方法ですが「箱を紛失してしまった」や「取り出しにくいところに収納してしまった」などの場合には確認しにくいのが欠点です。また、何らかのトラブルによって本体を好感した場合など “化粧箱” と “本体” のIMEIが相違している場合もあるので正確性には欠けます。

このため、確実な番号を確認するためには本体を用いるべきでしょう。

箱と中身のIMEIが違う場合には、中古買取時にマイナス査定(減額)となる場合があるので注意してください。

本体から物理的に確認する

電池パック(バッテリー)が取り外せる機種の場合には、裏ブタを開けて電池パックを外すと白いシールが添付されており、そのシールに “IMEI” が記載されています。

従来型の携帯電話(いわゆるガラケー)の場合には、この方法が一般的ですが昨今のスマートフォンでは電池パックが取り外せない機種が多いので、ソフトウェア的に確認することができるようになっています。

本体からソフトウェア的に確認する

  1. 設定より『端末情報(デバイス情報)』をタップします。
    端末情報は “システム” の配下に位置している場合があります。

    Androidスマートフォン→設定

  2. 端末情報より “IMEI” を確認できます。
    バージョンによっては “機器の状態” などをタップする必要があります。

    Android 9 Pie→設定→端末情報

スマートフォン本体からIMEIを確認するやり方は以上です。

ただし、機種やAndroidバージョンによっては “IMEI” の項目が無い可能性もあります。その場合には特殊なコマンドを用いて画面に表示させることもできます。

ダイヤルコマンドで確認する

  1. ダイヤルコマンドより “IMEI” を表示します。

    Androidアプリ→電話→ダイヤル

  2. ダイアログで “IMEI” を確認します。

    Xperia→ダイヤルコマンド→IMEI

コマンドでIMEIを確認するやり方は以上です。

一般的に必要となる場面はほとんどありませんが、ヤフーオークションなどで携帯電話・スマートフォンを出品する際には番号が必要になることがあります。

また、ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアが提供している “ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト” でチェックする際にも必要になります。

参考 スマホの白ロムを中古で入手する際の注意点

タイトルとURLをコピーしました