当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

AndroidスマホのFelicaにデータが残ってないか確認する方法

電子マネー Android

機種変更などによって不要になったスマートフォンを[下取り]に出したり[買い取り]してもらう人も多いでしょうが、スマートフォンを初期化しただけではFeliCa(おサイフケータイ)のデータが残ったままになることがあるので注意が必要です。

おサイフケータイのデータ

おサイフケータイを使用することによるデータはスマートフォン本体こ保存されていると思われがちですが、実際には[FeliCa(フェリカ)]と呼ばれるICチップに搭載されているデータ記憶領域に保存されています。このため、スマートフォン本体を初期化してもICチップ内のデータは削除されず残ることがあります。

このICチップ内に保存されているデータはSIMカードに紐づけられていることが多いので、機種変更などによって不要になったスマートフォンを下取りや買取り・知人/友人に譲渡する場合にICチップ内にデータが残っていると、別のSIMカードを使った際に[おサイフケータイ]が使えなくなってしまう恐れがあります。

このため、不要になったスマートフォンのICチップ内データは必要に応じて消去されていることを確認するようにしましょう。

AQUOS sense plus→おサイフケータイ→おサイフケータイのメモリ使用状況

機種によっては初期化することでICチップ内のデータを初期化できるものもあります。

メモリ使用状況を確認する手順

  1. おサイフケータイアプリより【三(サイドメニューアイコン)】をタップします。

    AQUOS sense→おサイフケータイ

  2. 表示されたサイドメニューより【サポート・規約】をタップします。

    AQUOS sense→おサイフケータイ

  3. サポート・規約より【メモリ使用状況】をタップします。

    AQUOS sense→おサイフケータイ

  4. おサイフケータイのメモリ使用状況より[未利用]であることを確認します。

    Androidアプリ→おサイフケータイ→サポート・規約→メモリ利用状況

おサイフケータイのメモリ使用状況を確認するやり方は以上です。

データが残っている場合は?

機種変更の際にデータの移行を全て完了させていればデータが残ることは無いでしょうが、移行しないデータがあったり移行したのに残っている場合には、利用サービスの[解約]や[削除]などの手続きを行い最後にアプリを削除することで消せる場合があります。

特に[かざすフォルダ]を忘れがちなので、データが残ってしまう人は確認してみると良いでしょう。

それでも残ってしまう場合には、NTTドコモやauにソフトバンクなどのキャリアショップに出向き相談してみると良いでしょう。

AQUOS sense plus→おサイフケータイ→おサイフケータイのメモリ使用状況

Google Payから電子マネーを削除する方法
日本では数多くの電子マネーが乱立しているので、複数の電子マネーを利用している人も多いでしょう。その中で使わなくなった電子マネーがあれば削除しておくと安心です。
スマホの機種変更でGoogle Payを移行する方法
Google Payで “Suica” が使えるようになってから「使い始めた!」と言う人も多いでしょう。スマートフォン本体を機種変更するときは所定の手続きが必要になりますが、少々わかりにくいかもしれません。
要チェック!スマートフォンを譲渡や買取してもらう前にやっておくこと
Androidスマートフォンは不要になればオークションや中古白ロム専門店などで買取してもらうことができます。意外と良い値がつくので捨てたりタンスの肥やしにしてはもったいないです。
タイトルとURLをコピーしました