Androidスマホ・タブレットをモバイルバッテリー化する方法

スポンサーリンク
充電中 Tips

メインで使用しているスマートフォンの他にタブレットを併用していたり、機種変更などによって複数のスマートフォンを所有している場合には、それをモバイルバッテリーとして使うことができるかもしれません。

この記事は一部イレギュラーな内容を含んでいます。したがって、すべて自己責任にて行い何がおきても一切の責任は負いません。
スポンサーリンク

スマホのUSBは充電だけじゃない

スマートフォンやタブレットに搭載されている “microUSB” や “USB Type-C” は、充電やデータ転送をするのに使われることが多いですが、実は接続した機器に対して給電することもできるようになっています。

意外に思う人も多いでしょうが、AndroidスマートフォンやAndroidタブレットはUSBマウスを接続して使うことができるので、給電できることは特別なことではありません(マウスを稼働させるには電源が必要)。
参考 スマホ/タブレットを “マウス” で操作する方法

このため、スマートフォンとタブレットなど複数の機器を所有しているのであれば、それらをUSBケーブルで接続するだけで電源を供給し充電を行うことができます。特にタブレットはスマートフォンに比べてバッテリー容量が大きいのでモバイルバッテリー代わりにするにはもってこいの製品です。

ただし、スマートフォン同士の場合にはバッテリーの “電圧” や “容量” の問題で給電が正常にできない可能性があるので注意してください。より大きなバッテリーを搭載しているタブレットからスマートフォンへ給電するほうが良いでしょう。

必ずしも充電できるわけではありません。

スマホ/タブレットを接続するには?

Androidスマートフォン/タブレットを “充電” したり “データ転送” する際に使用するケーブルは、一方が一般的な “USB” で一方が “Micro USB” または “USB Type-C” であることがほとんどですが、タブレットからスマートフォンやスマートフォンからスマートフォンへ充電を行うためには両端が “Micro USB” または “USB Type-C” である必要があります。

このため、一般的な “USB” を “Micro USB” や “USB Type-C” へ変換するためのアダプターを用意する必要があります。

TypeCオス to USB3.0メス 変換コネクタ OTG対応 USB3.1 高速データ転送
TypeCオス to USB3.0メス 変換コネクタ

iBUFFALO USB(microB to A)変換アダプター BSMPC11C01BK
iBUFFALO USB(microB to A)変換アダプター BSMPC11C01BK

また、昨今ではパソコンや充電器に “USB Type-C” が使われていることから、両端が “USB Type-C” のケーブルも発売されています。

Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1(Gen2) ケーブル(0.9m ブラック)【Power Delivery対応 / USB-IF認証取得 / 超高耐久】Galaxy S8 / S8+、MacBook、MateBook対応
Anker PowerLine II USB-C & USB-C 3.1(Gen2) ケーブル
Anker
Amazon
Yahoo!

接続後の手順

AndroidスマートフォンとAndroidスマートフォンまたはAndroidスマートフォンとAndroidタブレットを接続した際には、次のようなダイアログが表示される場合があります。

Xperia X Compact→ダイアログ→USB接続

この時、給電する側は『電源の供給』を選択し、充電する側は『充電のみ』を選択すると良いでしょう。

パソコンがあれば通常のUSB充電ケーブルで充電できますが、最近はパソコンの代わりにタブレットを持ち歩く人も増えてきたのでタブレットからスマートフォンの充電が可能であれば非常に楽になると思います。

参考 スマホから電源供給して扇風機を回す方法