2018年冬モデルの新AQUOS sense2が発表!

スポンサーリンク
AQUOS sense 2 機種情報

2018年10月03日にSHARPより2018-2019年の冬春モデルとなりうる新機種 “AQUOS sense2” が発表されました。AQUOS senseの後継機と言うことで、格安スマホとして低価格での提供が期待できます。ちなみにNTTドコモやauからは発売が発表されています。

スポンサーリンク

ラインナップの違い

2018年10月03日にSHARPより発表された2018-2019年の冬春モデルとなりうる機種は “AQUOS sense2” と “AQUOS zero” の2つあります。

AQUOS sense2は、2017年に格安スマホとして話題になった “AQUOS sense” の後継機となるIGZO液晶ディスプレイを搭載したスタンダードモデルで、コストパフォーマンスに優れた機種となっています。

対してAQUOS zeroは、AQUOSシリーズで初の有機ELディスプレイを搭載した高性能なフラッグシップモデルで、ハイパフォーマンスな機種となっています。また、3,000mAhを超えるバッテリーを搭載しているのにも関わらず146gという軽さを実現しています。

参考 2018年冬モデルの新AQUOS zeroが発表!

AQUOS sense2とは?

縦長ディスプレイとなったことで、サイズがAQUOS sense plusと同等になっていることから、AQUOS sense plusとAQUOS senseを足して2で割ったような機種と言えるかもしれません。

参考 シャープがSIMフリースマホ AQUOS sense plus SH-M07 の発売を発表!
参考 NTTドコモのAQUOS sense SH-01Kを買ってきた

外観

AQUOS sense2

本体には剛性の高いアルミ素材が用いられています。前述したように前作 “AQUOS sense” を伸ばしたようなイメージで “AQUOS sense plus” と同等のサイズ感となっています。指紋センサーなども前面に残しており、デザインも踏襲されています。

スペック

前作 “AQUOS sense” との大きな違いは、画面解像度の比率(アスペクト比)が18:9とより縦長(ワイド)となった点でしょう。この比率は昨今の流行でもあるため、より現代的になったといえます。

ディスプレイのサイズが比較的に大きめですが、インチは画面に対して対角線に測るため縦長ディスプレイだと大きめな数値となってしまいます。このため、手に持った感じとしては想像よりも小さいでしょう。

AQUOS sense2とAQUOS senseとAQUOS sense plusのスペック比較
AQUOS sense2
(SH-01L/SHV43)
AQUOS sense
(SH-01K)
AQUOS sense plus
(SIMフリー)
OS Android 8.1 Oreo Android 7.1 Nougat
(Android 8.0 Oreo)
Android 8.0 Oreo
画面サイズ 5.5 インチ 5.0インチ 5.5インチ
種類 IGZO液晶 IGZO液晶 IGZO液晶
解像度 2160×1080
(18:9)
1080×1920
(16:9)
2160×1080
(18:9)
SoC Snapdragon 450 Snapdragon 430 Snapdragon 630
RAM 3 GB 3GB 3GB
内部ストレージ 32 GB 32GB 32GB
カメラ 背面:1,200万画素
前面: 800万画素
背面:1,310万画素
前面:500万画素
背面:1,640万画素
前面:800万画素
非接触IC NFC / Felica
(背面)
NFC / Felica
(背面)
NFC / Felica
(背面)
生体認証 指紋センサー
(前面)
指紋センサー
(前面)
指紋センサー
(前面)
本体サイズ 約 71×148×8.4 mm
約 155 g
約 72 x 144 x 8.6 mm
約 148 g
約 71 × 151 × 8.9 mm
約 157 g
本体カラー アイスグリーン
シルキーホワイト
ピンクゴールド
ニュアンスブラック
Champagne Gold
Silky White
Velvet Black
Frost Lavender
White
Beige
Black
Bluetooth 4.2 4.2 5
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
(2.4G + 5GHz)
802.11 b/g/n
(2.4G)
802.11 a/b/g/n/ac
(2.4G + 5GHz)
バッテリー 2,700mAh 2700mAh 3,100mAh
充電 Quick Charge 3.0 Quick Charge 3.0
USB Power Delivery
SIMサイズ nanoSIM nanoSIM nanoSIM
USB USB Type-C USB Type-C USB Type-C
防水・防塵 IPX5/IPX8・IP6X IPX5/IPX8・IP6X IPX5/IPX8・IP6X
その他 伝言メモ(簡易留守録) 伝言メモ(簡易留守録) 伝言メモ(簡易留守録)

販売終了モデル

シリーズの新機種が発売されると “AQUOS sense” などの旧機種は販売終了となることが多いです。在庫があれば販売してくれるでしょうが、無くなると購入できなくなるので、新機種を見て「旧機種の方が良いかも」と思うのであれば、早めの行動をオススメします。

サイト ドコモオンラインショップ
サイト auオンライン ショップ
サイト ソフトバンクオンラインショップ

発売日と価格は?

NTTドコモやauからは発売の発表が行われており、2018年11月上旬以降に発売予定となっています。

価格はNTTドコモが提供するdocomo with対応の機種として発表されたことから、4万円前後と推測できます。

サイト ドコモオンラインショップ
サイト auオンライン ショップ
サイト ソフトバンクオンラインショップ

参考 NTTドコモによる2018-2019冬春 新商品発表の開催日が決定!