Androidスマホで画面を表示したままタッチ操作を無効にするアプリ

スポンサーリンク
スマートフォンの操作 Android

タッチパネルを指で操作するデバイスでは画面が “オン” の時にタッチ操作が有効になり “オフ” の時に無効になりますが、画面を “オン” にしたままタッチ操作のみをオフにするアプリがあります。

スポンサーリンク

誤操作の防止に

スマートフォンなどを使って何らかのコンテンツ(動画など)を視聴したりデモ画面の展示などをしている際に、誤って触れて「停止してしまった」や「別のアプリが起動してしまった」と言ったことがあるかもしれません。

画面がオンの時はタッチ操作が有効となるので、画面を表示したままタッチ操作を無効にするのは意外に需要がある機能なのかもしれません。

今回は、Google Playよりダウンロード&インストールできるアプリである “画面そのままロック” を使ってみました。

画面そのままロックの使いかた

透明な画面を上に重ねてタッチ操作を無効にしているようなので『他のアプリの上に重ねて表示』の許可が初回起動時に必要となります。

初期設定する手順

  1. アプリの初回起動時に『他のアプリの上に重ねて表示』を設定します。
    これは設定からも遷移できます。

    Androidスマートフォン→設定→アプリと通知→特別なアプリアクセス→他のアプリの上に重ねて表示

画面をロックする手順

手順はデフォルトであり設定より変更することができます。
  1. アプリを起動し “通知領域” より『タッチすると画面ロックを開始』をタップします。

    Androidアプリ→画面そのままロック

ロックを解除する手順

手順はデフォルトであり設定より変更することができます。
  1. 本体の(ボリュームアップ)または(ボリュームダウン)を押下します。

    Pixel 4→横向き

設定する手順

  1. アプリより左右にスワイプし『シェイク』『近接センサー』『上下逆さま』などから選択し設定します。
    デフォルトは『ハードキー』がオンになっています。

    Androidアプリ→画面そのままロック

画面そのままロックの使いかたは以上です。

Android 10でジェスチャーナビゲーションをオンにしていると、画面をロックしてもジェスチャーが動作してしまうことがあるので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました