当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

スマホで店や観光地などスポットの混雑具合を確認する方法

マップ Android

休日・連休ともなればカフェや飲食店に加え観光スポットなどは人で混雑します。訪問予定の場所が「今どれくらい混んでいるか?」は行ってみないとわからないものですが、Googleマップを使うと混雑の程度を行く前にチェックすることができます。

Androidアプリ版を例としますが、iOSアプリ版でも同様のことができます。

スポットの混雑具合を確認する手順

  1. Googleマップで『(対象のスポット)』を検索します。
    メニューが表示されない場合は、地図上のスポットをタップします。

    Androidアプリ→Googleマップ→スポット

  2. 対象のスポットの『メニュー』を上へスワイプします。
    タップするだけでも同じ挙動になります。

    Androidアプリ→Googleマップ→スポット→概要

  3. 表示された “概要” より『混雑する時間帯』を確認することができます。
    曜日ことに確認することができます。また、リアルタイムでは、普段より「混んでいる」「空いている」もわかります。

    Androidアプリ→Googleマップ→スポット→概要

スポットの混雑具合を確認するやり方は以上です。

仕組みは?

Googleマップで「現在地を表示する」「目的地まで道案内する」と言った機能を使ったことのある人は多いでしょう。

これらの機能はスマートフォンに搭載されている位置情報サービス(GPSなど)と連携して表示されている情報ですが、これを利用すると “特定の場所” が “どれくらい混んでいるのか” と言うのがわかります。

それらの情報を元に混雑具合を把握することができます。当然ですが「誰が」「どこにいるか」と言った情報は、本人または許可された人以外にはわかりません。

Googleマップアプリで渋滞情報を表示する方法
レジャーシーズンともなれば観光地へ自家用車などを使って移動をする人も多いでしょう。この時に気になるのが高速道路や幹線道路(一般道)の渋滞状況ですが、Googleマップアプリを使うと地図上に(ほぼ)リアルタイムに渋滞情報(交通状況)を表示させ...
タイトルとURLをコピーしました