AndroidスマホにiOSの コントロールセンター を導入する方法

スポンサーリンク
Apple製品 アプリ

iPhoneにはWi-FiやBluetoothのオン/オフなどが行える “コントロールセンター” があります。iOSデバイスに搭載されている機能ですが、これをAndroidスマートフォンでも使えるようにしてみました。

スポンサーリンク

コントロールセンターとは?

iPhoneにおいて、液晶ディスプレイの下端から上へスワイプすると表示される「Wi-FiやBluetoothなどのオン/オフが行えるパネル」をコントロールセンターと呼びます。Androidスマートフォンで言うところの “クイック設定パネル(クイック設定ツール)” と似たような機能を有しているのでイメージしやすいでしょう。
参考 Androidスマホの通知領域&クイック設定ツールの操作方法

iPhone→コントロールセンター

この “コントロールセンター” をAndroidスマートフォンで動作させるアプリ “コントロールセンターIOS 11” などがあるので実際にダウンロード&インストールして使ってみました。

アプリ コントロールセンターIOS 11 – Google Play のアプリ

コントロールセンターIOS 11の使いかた

初期設定

ダウンロード&インストールしたアプリを起動すると、コントロールセンター機能は自動的にオンになります。また、サイズやボタンのカスタマイズをすることもできます。

Androidアプリ→コントロールセンターIOS 11

表示させるには?

iPhoneでは液晶ディスプレイの下端から上へスワイプしますが、Androidスマートフォンでは下端にナビゲーションバーが表示されている機種も多いので、デフォルトでは右端から左へスワイプして表示します(位置は設定より変更できます)。少し見えにくいですが “青い線” で目印が表示されているので目安にするとよいでしょう。

Androidアプリ→コントロールセンターIOS 11Androidアプリ→コントロールセンターIOS 11

前述したようにAndroidスマートフォンでは “クイック設定パネル(クイック設定ツール)” が同機能を有しているので、わざわざダウンロード&インストールをする必要は無いかもしれませんが、iPhoneからAndroidスマートフォンに機種変更したばかりで「慣れない」と言う人は使いやすくなるかもしれません。

また、iPhoneの独特な機能である “AssistiveTouch” もAndroidスマートフォンで使うことができるので、併せて使うと便利かもしれません。

参考 AndroidスマホにiOSの AssistiveTouch を導入する方法