当サイトは一部の画像に画像フォーマットとしてWebPを使用しています。表示されない場合は対応ブラウザで閲覧してください。

Android版Chromeブラウザでタブの一覧表示を変更する方法

スポンサーリンク
Androidスマートフォン Android

スマホ版Chromeアプリで “タブ一覧” を表示すると、Androidアプリでは「縦一列に並ぶ(カード型)」のに対してiPhoneでは「格子状に並ぶ(グリッド型)」ようになっていますが、Androidアプリでは設定によって “カード型” と “グリッド型” を変更することができます。

スポンサーリンク

Android版とiOS版の違い

スマートフォン版のChromeアプリは、AndroidアプリはもちろんiOSアプリも用意されています。この2つのアプリには挙動に大きな違いは少ないですが、所々で違う点がいくつかあります。

その中で、複数のタブを開いている際に表示できるタブ一覧の表示は大きく違い、冒頭でも記載した通りAndroidアプリでは「縦一列に並ぶ(カード型)」のに対してiPhoneでは「格子状に並ぶ(グリッド型)」ようになっています。

どちらが「使いやすい」「見やすい」かは人それぞれですが、Androidアプリの挙動をiOSアプリに合わせることはできるので、2つのアプリで挙動をそろえることが可能になっています。

カード型とグリッド型を変更する手順

  1. Chromeブラウザのアドレス入力欄に以下を入力します。
    chrome://flags
    

  2. 表示された(裏)メニューより “tab grid leyout” を検索します。
    上部の “Search flags” より検索できます。

    Android→Chrome→Flags

  3. Tab Grid Leyoutのプルダウンより『Enabled』を選択するとグリッド型になります。
    元に戻す(カード型にする)場合は『Default(初期表示)』もしくは『Disabled』を選びます。

    Android→Chrome→Flags

  4. 画面下に表示された『RELAUNCH NOW』をタップしChromeを終了させます。

    Android→Chrome→Flags

  5. マルチタスクより “Chromeアプリ” を完全終了させます。

    Pixel 3→アプリ履歴→すべてクリア

カード型とグリッド型を変更するやり方は以上です。

iOS版Chromeアプリでは、(裏)メニューを開くことは可能でも “Tab Grid Layout” の項目(タブに関する項目も含む)が無いので、Android版Chromeのように表示させるのはできないようです。

タイトルとURLをコピーしました